レンタルサーバー

レンタルサーバー(WPX)への移行 FFFTPを使いWordPressのサーバーデータをインポートする方法

更新日:




WordPressのサーバーを移管するに辺り、旧サーバーからサーバーデータをエクスポート(取り出す)をしましたので、次は新レンタルサーバー(私の場合は、WPXサーバー)にサーバーデーターをFFFTPのソフトを利用してインポートしたいと思います。

レンタルサーバー(ロリポップ)からFFFTPを使いWordPressのサーバーデータをエクスポートする方法

WordPressのサーバーを移行するに辺り、FFFTPのソフトでのサーバーデータのエクスポート方法を紹介したいと思います。昔少しFFFTPを利用したことがありましたの、私は問題なく利用できましたが、 ...

続きを見る

データをエクスポート(取り出す)方法は、こちらをご確認ください。

レンタルサーバー(WPX)にFFFTPを使いデータをインポート

まず用意するものは、FFFTPのソフトになります。

FFFTPの使い方

新しいレンタルサーバーの情報を入力します。

WPXサーバー FFFTP

まずは、左側のドメイン名を選択します。

WPXサーバー FFFTP

ドメインを選択するとFTPのアカウント設定の項目が表示される為、設定のボタンをクリックして次へ進みます。初期設定では、FTPは利用できなくなっています。

WPXサーバー FFFTP

次の画面で、利用設定をONにして設定の変更をします。

WPXサーバー FFFTP

ここに出ているFTPアカウント名 FTPホスト名がFFFTPを利用するときの接続先になります。この後初めて設定するときは、サーバー側で決められたランダムなパスワードが表示されます。

まろ
FTP接続先のフォルダーがwp-contentとなっている為旧サーバーからエクスポート(取り出す)したデータをそのまま、このフォルダーにインポートするとWordPressの移管の作業の半分は終了となります。

FFFTPの使い方

エクスポート(取り出し)の時と同じように、ホストの設定名には自分のわかりやすい名前を付けて、ホスト名やユーザー名、パスワードはレンタルサーバーから表示されたものを入力してください。

WPXサーバー FFFTP

接続したらこのようになります。右側のフォルダー全体が、wp-contentとなります。

WPXサーバー FFFTP

とりあえず、全部選択肢して削除をしましょう。一部削除できないデータもあります。

WPXサーバー FFFTP

次に赤い丸の部分をクリックして、旧サーバーからエクスポート(取り出し)をしたデータの入っているフォルダーを選択します。

WPXサーバー FFFTP

旧サーバーのwp-contentからエクスポート(取り出し)したデータを全部そのまま、新サーバーのwp-contentのフォルダーにインポートします。これもエクスポートと同じぐらい時間がかかります。

ぶた
これでサーバーデータの移行は、終了になります。作業的には、エクスポートの逆の作業になりますので、多分問題なく進んでいくと思います。

WordPressのサーバー移行

1週間ぐらい何度もWordPressの再インストールをして、サーバー移行を試してみた結果を紹介します。

ロリポップからWPXサーバーにサーバー移行
WordPressのサーバー移管方法① 旧サーバーのデータをダウンロード

ここ1週間ぐらい、旧サーバー(ロリポップ)の動作が重く感じていましたので、WordPress専用のWPXサーバーへのサーバー移行をしてます。ブログや固定ページの投稿ボタンが表示されない不具合があり何回 ...

続きを見る

上記の内容と似ている部分がありますが、こちら様に移行をすると無事に新サーバーで旧サーバーと同じWordPressの環境を構築することができましたので、WordPressのレンタルサーバーの移行の仕方を探している方はこちらをご覧ください。









-レンタルサーバー

Copyright© マロとトリフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.