初めてでもできる、WordPressのサーバー移行

WordPressのサーバー移行

夜の10時を過ぎてくるとWordPressのダッシュボードを開く時間や画像をアップロードをするのに特に時間が掛かりストレスが溜まっていました。こちらの管理画面の表示が遅いということは、ブログの表示画面も遅いということですのでgoogleの検索順位への影響やクリックをされても表示される前に他のサイトに移ってしまうというデメリットがいっぱいありますので、思い切ってWordPressのサーバー移行をしてみました。

まろ
とりあえず現在契約をしているレンタルサーバーの中で上位のプランに変更して様子をみるという方法もあるかもしれませんが、私が利用していた旧サーバー(ロリポップ)ではあまり変化がありませんでした。

サーバー移行

サーバー移行と聞くと結構ハードルの高そうな作業と思われますが、初心者の私でもできましたので結構簡単にできるようになっていると思います。サーバー移行の仕方の概要は、旧サーバーからデータを手元のパソコンにデータをダウンロードして、新サーバーにデータをアップロードすることになります。簡単に書くとこれだけの作業になります。

サーバー移行する為には

まずサーバー移行する為には、移行先の新サーバーが必要になります。多分ほとんどの方が、レンタルサーバーを利用している方が多いと思われますので新しく移行するレンタルサーバーの会社と契約をします。最近では、WordPressに特化したWordPress専用のレンタルサーバーがありますのでWordPressでブログをしている人は、このようなレンタルサーバーを選ばれるといいかと思います。



私は、こちらのWordPressに特化したレンタルサーバー(WPX)を移行先のサーバーに選び契約をしました。レンタルサーバー界では大手のXサーバーの会社が運営するレンタルサーバーです。月額利用料金は、30GBで1,000円からとなっています。



Xサーバーでも同じようにWordPressをインストールして利用することはできますし、 Xサーバーの方は月額料金は200GBで900円からとなっています。この違いは、WordPressに特化しただけですが多分それだけの価値があるのでしょうね。

とりふ
2017年11月30日(木)18:00まで WPXサーバーとXサーバーでは、独自ドメイン(.com/.net/.org/.biz/.infoからいずれか)を1個無料のキャンペーンをしています。その上、ドメインの更新料も無料となっています。サーバー移行して、ドメインを一つ増やすことも可能となっています。


他には、こちらのCOREPRESS CloudもWordPressに特化したレンタルサーバーになるようです。

ぶた
WordPressの動作が重たくて悩んでいる方は、このようなWordPressに特化したレンタルサーバーを選ぶのも一つの方法かと思います。WordPressは、PHPというプログラムがサーバー上で動いていますので性能のいいサーバー(WordPressに特化した)の方がストレスフリーで利用することができると思います。サーバーの移行した最近では、夜の10時以降でも重くならずににWordPressが動いています。
まろ
WordPressどこのレンタルサーバーでも、何日かのお試し期間がありますのでその期間内に一度データを移行して動作を確認してみてください。無事に旧サーバーと同じ環境が構築されましたら、契約をしましょう。

新レンタルサーバーへの移行作業

移行作業は、順番に書いていくとこのような手順になります。

  1. 旧サーバーからWordPressのデータを手元のパソコンにダウンロード
  2. 新サーバーでドメインの認証
  3. 新サーバーにWordPressをインストール
  4. 新サーバーにダウンロードしたデータをアップロード
  5. 新サーバーで動作確認後、ネームサーバーの設定変更

①旧サーバーからWordPressのデータをダウンロード

WordPressは2種類のサーバーデータとデータベースから構築されていますので、手元の今利用しているパソコンにデータをダウンロードします。

  • サーバーデータは、画像やテーマ、プラグインなどです。
  • データベースは、投稿の内容やテーマの設定、ログインをするパスワードなどです。

この2つのデータは、データごとにダウンロードの仕方が変わってきます。サーバーデータはFFFTPというアプリケーションを利用して手元のパソコンにダウンロードし、データベースはphpMyAdminから手元のパソコンにダウンロードします。

ロリポップからWPXサーバーにサーバー移行
WordPressのサーバー移管方法① 旧サーバーのデータをダウンロード

ここ1週間ぐらい、旧サーバー(ロリポップ)の動作が重く感じていましたので、WordPress専用のWPXサーバーへのサーバー移行をしてます。ブログや固定ページの投稿ボタンが表示されない不具合があり何回 ...

続きを見る

②新サーバーにドメインの認証とWordPressをインストール

次に新サーバーにドメインを認証させます。ドメインの認証とは、新サーバーの中にドメイン名のフォルダを作るような感じになります(多分)。その作成したフォルダにWordPressをインストールする様な感じです。WPXサーバーでのドメインの認証方法は下記の様になり、ドメインの認証が終わりましたらWordPressはワンクリックでインストールすることが可能となっています。WordPressのインストール時にブログのタイトルなどの設定がありますが、データベースをアップロードしますとすべて書き換えられてしまいますので適当に設定しましょう。新サーバーでドメインの認証が完了しても、ネームサーバーは変更されていませんのでまだ旧サーバーに繋がります。

WordPressのサーバー移行方法② 新サーバーにWordPressをインストール

旧サーバーから、サーバーデータとデータベースのダウンロードが完了したら次は新しいサーバーにWordPressをインストールの準備に入ります。 新サーバーにWordpressをインストール方法 新サーバ ...

続きを見る

③新サーバーにサーバーデータとデータベースをアップロード

手元のパソコンにダウンロードしたデータを新サーバーにアップロードします。アップロードは、ダウンロードした方法と逆の方法ですることができますが、WPXサーバーではデータベースをコントロールパネルからアップロードすることができます。このあたりが、WordPressに特化したWPXサーバーの違いかもしれませんね。このサーバーデータとデータベースをアップロードすると旧サーバーと同じ環境が新サーバーでも構築されます。

WordPressのサーバー移行方法③ 新サーバーに旧サーバーのデータをインポート

新サーバー上に、ドメインの移行とWordPressのインストールが完了したら、旧サーバーからダウンロードしたデータを新サーバーにインポートします。 新サーバーに旧サーバーのデータをインポートする方法 ...

続きを見る

④WordPressの動作確認とネームサーバーの設定変更

ネームサーバーを変更していませので、ドメイン(URL)にアクセスをしても旧サーバーのWordPressに接続してしまいますので、パソコンの「hosts」ファイルの設定を変更してこのパソコンだけを新サーバーに接続するようにして新サーバーの動作を確認します。新サーバーでWordPressの表示や動作の確認ができましたら、ネームサーバーの設定変更をしてドメイン(URL)にアクセスした場合、新サーバーに接続するようにします。ネームサーバーの変更は、完全に変わるまでに2~3日ぐらいかかります。その間は、旧サーバーに接続されたり新サーバーに接続されたり不安定な状況が続きますのでブログや固定ページの投稿はしない方がいいです。新サーバーだと思って投稿した内容が旧サーバーになっていて、ネームサーバーの変更が完了したときに表示されないこともあります。

WordPressのサーバー移行方法④ 新サーバーで表示の確認とネームサーバーの変更

新サーバーにWordPressのデータの移行は完了しましたが、まだ現状ではドメインは旧サーバー上のデータにアクセスをされているような状態になります。 新サーバーで表示の確認とネームサーバーの変更 新サ ...

続きを見る

ぶた
上記が1週間ぐらい試行錯誤して私が出した結論です。いろいろなブログやホームページを見ながらサーバーの移行をしましたが、いろいろな部分を端折って初心者の私には理解に少し時間が掛かりました。初心者の私が、初心者の方にもわかりやすく一から書いてみましたので、WordPressのサーバー移行で困っている方は是非読んでください。

スポンサーリンク




スポンサーリンク













更新日:

Copyright© マロとトリフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.