自作PC

自作PC マザーボードのメーカーによる違い

更新日:

自作PCのマザーボードの選び方

MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATX

自作PCを作り起動させるためには、最低限下記の6つパーツが必要となります。PCケースはあってもなくても、PCの起動には関係ありませんが長い目で見ると埃などから守ってくれますので必須です。

  • CPU
  • メモリー
  • ストレージ(SSDやHDD)
  • 電源
  • OS
  • モニター

多分、CPUから自作PCのパーツを選んでいくと思います。私もそうですが、初心者の人間はクロック数などを見てもどのくらいの性能かわからない為、一番性能が良くて高いCore i7のモデルなんかを買うのではないでしょうか。自作PCも2台め3台目となっていくと自分の用途に合った性能が分かってくるようになるのでしょうね。

それでCPUが決まりますとマザーボードが決まってきます。

CPUには、上記の様なマザーボードとの接点があり、マザーボードのソケットとこのCPUの接点の規格が同じでなければ、物理的にマザーボードに装着することが出来ません。

自作PC CPU Intel CPU Core i7-7700Kの開封

注文したストレージ(Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2)がまだ届かず、自作PCの組み立てが少し止まっています。とりあえず、今足らないものは、メインメモリとストレージ(Samsu ...

続きを見る

私の購入したCPU(Core i7 7700K)は、2017年の1月の時点でハイエンドモデルのCPUとなっており、当時の購入価格は45,000円ぐらいしていました。半年以上経過した、現在(9月13日)では、7,000円近く値下がりした、38,000円前後で販売しています。

このCPU(Core i7 7700K)は、LGA1151という規格でCPU裏の接点1151個あるタイプになります。

スポンサーリンク




LGA1151のソケット持ったマザーボード

最近では、Z270・H270・B250のチップセットを搭載したマザーボードがLGA1151のソケットを備え付けています。

MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATX

Zから始まるマザーボードは、オーバークロック対応となっていて、H・Bから始まるマザーボードはオーバークロック非対応となっており、H>Bと性能や価格が下がっていきます。

とりあえず、ソケットがLGA1151のCPUに決めた場合には、このあたりのZ270やH270・B250の型番のマザーボードから選んで購入をしたらいいです。

スポンサーリンク




マザーボードのメーカーによる違い

Amazonや楽天で、Z270やH270・B250のマザーボードの型番を検索をしてみるとASUSTekMSIASROCK・GIGABYTEなどのメーカーがマザーボードを発売しています。

マザーボードは、CPUを作っているIntelやAMDからチップセットを購入して、上記の様なマザーボードメーカーが製作して販売しています。マザーボードのメーカーによって、オーバークロックに特化やゲームに特化したような特色のあるマザーボードになります。

多分、私もそうですが初めて作る人にはこの辺の性能の違いはわかり難いと思います。その為BTOパソコンなどでは、Z270のマザーボードを搭載していますと書いてあるだけでマザーボードのメーカーは表示されていないことが多いです。

スポンサーリンク




初心者のマザーボード選び方

CORSAIR DDR4 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 4GB×2枚キット CMK8GX4M2A2666C16

個人的な意見ですが、初心者の私にはマザーボードによる性能の違いは分かりませんが、マザーボードのメーカーの選び方のポイントを2つ書きたいと思います。

マザーボードを選ぶポイント①

これは、本当に個人的な意見ですが、キラキラひかるLEDがマザーボード上に設置してあるかどうかです。サイドがクリアパネルのPCケースが最近では流行りとなっていますので、魅せる自作PCを制作することが出来ます。

マザーボードを選ぶポイント②

もう一つのマザーボードを選ぶポイントは、インターフェイスです。モニターに画像を出力する為HDMIやDisplay Portなどがマザーボードのメーカによって変わってきますので、マルチモニターの環境を構築したい場合には、このインターフェイスをよく考えてマザーボードのメーカーを選んでください。

ぶた
そんなに、マザーボードのメーカーで自作PCの性能は変わってきません。(初心者の私には、わかりません)その為、どのメーカーの物を購入してもあまり変わりませんが、マザーボードを選ぶときはビジュアルやインターフェイスで決めてみてください。私は、光るLEDだけでこのマザーボードを選択しました。
自作PC MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATXの開封

ストレージ(Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2)がまだ発送されていません。サムスンは「トップ逮捕」でどこへ向かうのかという記事が、yahooのトップ画面に表示されています。サム ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-自作PC

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.