自作PC

Windows10のダウンロードの仕方

更新日:




自作PCにWindows10をインストール

自作PCでWindows10を利用する為の方法を書いていきたいと思います。

まず自作PCにWindows10の方法ですが、MicrosoftからWindows10をUSBメモリーなどにダウンロードしてからそのデータを自作PCにインストールします。

Windows10をダウンロードするには、4GB以上のUSBメモリーが必要になりますので4GB以上のUSBメモリーを用意しましょう。32GBで1,000円前後ですので、後から他の事に利用することもかんがえて大きめのものを買ったらいいのではないでしょうか。

Windows10をUSBメモリーにダウンロード

それでは、USBメモリーにwindows10をダウンロードします。

win1

windows10のダウンロードは、こちらからできます。ツールを今すぐダウンロードをクリックします。

win2

ツールをダウンロードすると、この様な画面になりますので、同意するをクリックして次に進みます。

win3

それで、下の他のPC用にインストールメディアを作るをクリックし選択したら、次へ進みます。詳しくは、やってないのでわかりませんが、windows7やwindows8/8.1の方が、このPCを今すぐアップグレードするを選択するとまだwindows10にアップグレードすることができるかもしれません。わかりませんので自己責任でやってみてはいかがですか?

win4

次に、ダウンロードするwindows10を選択します。多分、ほとんどの人は、私と同じように日本語・windows10・64ビットになると思います。

win5

自作PCですので、インストールされているwindowsはありません。プロダクトキーが必要になりますので、購入をしないといけません。

amazonで購入をすると12,000円前後で購入する事ができます。

win6

ここで、購入したUSBメモリーを挿した上で、USBフラッシュドライブを選択します。

win7

windows10のダウンロードが始まります。

win9

ダウンロードが終わったら、検証が始まります。

win10

windows10のメディアの作成が始まります。

win11

これで、終わりです。パソコンのスペックなどにより時間が変わってくると思いますが、私のVAIO PRO 13では30分ぐらいでした。

win12

USBメモリーの中にできたファイルは、こんな感じです。自作PCが組みあがりましたら、このUSBメモリーからWindows10を起動させてストレージ(SSDやHDD)にWindows10をインストールします。

ぶた
多分自作PCを作ろうと考えている方は、現在パソコンを所有していますので上記の様にUSBメモリーにWindows10をダウンロードをすることは可能だと思いますが、現在パソコンがなくWindows10をダウンロードできる環境が無い方は下記からWindows10が入っているUSBメモリーを購入することも可能となっています。
まろ
とりあえず、上記の方法でWindows10をダウンロードするとシリアルナンバーなしでもインストールすることは可能となっていますので、自作PC上でWindows10が動作したことを確認してからOSを購入しても遅くないと思います。









-自作PC

Copyright© マロとトリフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.