自作PC

自作PC MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATXの開封

更新日:




ストレージ(Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2)がまだ発送されていません。サムスンは「トップ逮捕」でどこへ向かうのかという記事が、yahooのトップ画面に表示されています。サムスンはどこへ向かっても構いませんが、とりあえず注文したストレージ(Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2)は、私のところへ早く向かって頂けないでしょうか?こんな事件も関係あって、入荷が遅れているのですね?

前回CoolerMaster の型CPUクーラー Hyper TX3 EVOを開封した為、今回は、マザーボード(MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATX)を開封してみたいと思います。CPUクーラー(Hyper TX3 EVO)の開封は、こちらをご覧ください。

MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATXの開封

MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATXゲーミングマザーボード [第7世代Core Kaby Lake対応] MB3854

届いた商品は、こちらです。自作PCの組み立てを考えてから2番目に購入した商品になります。その為、私のもとへ来てから10日近く眠っていました。

MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATXゲーミングマザーボード [第7世代Core Kaby Lake対応] MB3854

箱の裏側になります。いろいろ英語で書かれています。いろいろな色で光るみたいですね。

MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATXゲーミングマザーボード [第7世代Core Kaby Lake対応] MB3854

付属品は、こちらになります。いろいろな国の言葉で書かれた説明書といろいろなケーブルとCD-ROMとバックパネルのカバーです。初心者の私には、どこに利用するケーブルか全くわかりません。

MSI Z270 GAMING PRO CARBON ATXゲーミングマザーボード [第7世代Core Kaby Lake対応] MB3854

本体は、こちらになります。電源が入っていない為、光っていません。ただの黒いマザーボードになります。黒いと少し高級感がありますね。

M.2 SSD向けヒートシンク「M.2 SHIELD」になります。発熱の激しいストレージ(Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2)をこの金属を使い熱を逃がす仕組みですね。頭のいい人が、考えた商品ですので熱が逃げるのでしょうね。個人的には、ふたをしてしまう為、熱がこもってしまう様な気がしないこともないのですが・・・。

少し話が変わりますが、M.2 SSDを利用するとストレージをマザーボードに直差しになる為、ケーブルが減ってPCケースの中の見栄えがよくなると思います。ケーブルの数も減りますから裏配線などもしやすくなるのかもしれませんね。

明日は、CPUとCPUクーラーとマザーボードを開封したので、3つを組み立ててみたいと思います。









-自作PC

Copyright© マロとトリフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.