2台目の自作PC 自作PC

初心者が作る2台目の自作PC CPU購入

更新日:




50,000円以下の予算で作る自作PC用に、CPUを購入しました。

Intel CPU Core i3-6100 3.7GHz 3Mキャッシュ 2コア/4スレッド LGA1151

今回購入したCPUは、こちらのCore i3-6100になります。購入した金額は、12,808円になります。楽天で購入をしましたが、若干Amazonより安いですね。購入したのは、ビックカメラ楽天市場店になります。在庫がなかった様で3月8日に注文をしていますが、まだ発送はされていません。

CeleronやPentiumのCPUの方が、1万円以下で購入できますのリーズナブルの自作PCを作りには向いているかもしれませんね。予算を50,000円以下と決めていましたので、少しいいCPUを購入してしまいました。

こちらのPentium G4400は、今日(3月11日現在)Amazonで8,308円で購入ができます。

スポンサーリンク




Core i3とPentiumとCeleronの違い(比較)

今回購入したCore i3-6100は、13,000円弱です。Pentium G4400は8,000円前後、Celeron G3900は5,000円前後で販売をしています。この金額の違いは何か少し調べてみた。

Core i3-6100 Pentium G4400 Celeron G3900
ベースクロック 3.70 GHz 3.30 GHz 2.80 GHz
ターボ・ブースト利用時 ターボ・ブースト非対応
コアの数 2 2 2
スレッド数 4 2 2
キャッシュ 3MB 3MB 2MB
TDP 51 W 54 W 51 W
プロセッサー・グラフィックス Intel® HD Graphics 530 Intel® HD Graphics 510
対応メモリ DDR4-1866/2133, DDR3L-1333/1600
対応ソケット LGA1151
販売価格 13,560円  8,308円  4,704円

上記の販売価格は、3月11日のAmazonでの金額になります。対応のソケットは、LGA1151 になる為、現行で発売されている270系や170系のマザーボードに装着可能ですね。性能は、値段に比例しますね。たぶんこのあたりデスクトップ用のCPUでしたら、ノートパソコンのCPUより性能は上でしょうね。この3種類のCPUでもサポートされているディスプレイ数の数は3つですので、トリプルモニターまで可能ですね。

ぶた
Celeron G3900を利用すると、もっとリーズナブルの自作PCを作ることができます。3台目を自作するときは、Celeron G3900を利用して30,000円以下で自作PCを製作してみたいと思います。

自作PCの2台目の購入金額

マザーボード(H110MH PRO D4) 6,280円
CPU    (Core i3-6100)  12,808円


合計               19,088円

とりふ
残りの予算は30,912円になりますね。あと揃えるものは、メインメモリーと電源とストレージとPCケースになります。

今回の自作PCは、メインメモリーを8GB、電源は400Wを購入し、ストレージは現在利用しているSSD(Samsung SSD 250GB 850 EVO)を流用する予定です。PCケースは、そんなに光らなくてもいいので安いのを購入します。

 

 









-2台目の自作PC, 自作PC

Copyright© マロとトリフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.