アマゾン出品について

元アマゾン出品者が、アマゾンでの出品方法について少し語ります。

投稿日:

現在は、不動産屋さんで働いていますが、3年ぐらい前まではアマゾンや楽天、ヤフオクのネットショップで働いていましたので少しアマゾンの出品方法やメリット・デメリットについて少し書いていこうと思います。ネットショップを退職した後もアマゾンの内部が知りたくてアマゾンの倉庫で半年ぐらい働いていましたので、アマゾン倉庫での仕事の内容も少し書いていこうと思います。

アマゾンで出品(販売)するとは、

アマゾンで商品を販売しているのは、アマゾン自体(Amazon.co.jp)とマーケットプレイスとうアマゾン以外の出品者になります。アマゾンで出品(販売)するという事は、マーケットプレイスとして出品することで、アマゾンというサイトの一部をお借りして商品を販売することになります。アマゾンというブランドや固定客がありますので、ホームページを一から作りネットショップを始める事に比べて集客の労力は少なくなります。アマゾンでの出品方法には、大口出品と小口出品の2種類があり月額の登録料が変わってきます

アマゾンの大口出品

大口出品は、月額の登録料が4,900円(税別)必要になります。

アマゾンの小口出品

小口出品は、月額登録料が必要ありませんが一つ商品が売れると100円(税別)の基本成約料が必要となります。月に49商品以上売れる場合は大口出品の方がお得になります。

大口出品と小口出品の違い

  大口出品   小口出品
月間登録料 4,900円    
基本成約料
(成約商品
1点につき
100円)
       
オリジナル
商品の出品
       
一括出品
ツールの
利用
       
注文管理
レポートの
利用
       
出品者独自
の配送料金
とお届け
日時指定
の設定(*3)
       
購入者へ
提供できる
決済方法
クレジットカード
Amazonギフト券
コンビニ決済
代金引換(*2)
Edy払い
「Amazon
ショッピング
カード」
クレジットカード
Amazonギフト券
「Amazon
ショッピング
カード」
出品できる
カテゴリー
今すぐ出品
が可能
書籍
文房具
オフィス用品
ミュージック
ホーム
&キッチン
ビデオ
DIY・工具
車用品
DVD
おもちゃ
&ホビー
PCソフト
スポーツ
&アウトドア
TVゲーム
ベビー
&マタニティ
エレクトロニクス
楽器

 

出品許可が必要

時計
ドラッグストア
アパレル
シューズ
バッグ
コスメ
ジュエリー
食品&飲料
ペット用品
今すぐ出品
が可能
書籍
文房具
オフィス用品
ミュージック
ホーム
&キッチン
ビデオ
DIY・工具
車用品
DVD
おもちゃ
&ホビー
PCソフト
スポーツ
&アウトドア
TVゲーム
ベビー
&マタニティ
エレクトロニクス

アマゾンの出品ページよりお借りしました。大口出品の方ができることが多くなり、個別に送料を設定できたりオリジナル商品の出品も可能です。私は、大口出品しか利用したことがありませんので小口出品のことは詳しくは分かりませんが小口出品になるといろいろ制約が出てくるようです。

ぶた
楽天などの月額の料金は50,000円ぐらいから必要になりますので、結構アマゾンは良心的な金額となっていると思います。

アマゾンでの販売手数料

アマゾンというブランドを利用して商品を販売する訳ですから、商品が売れた時には販売手数料が必要となってきます。販売した商品のカテゴリーによって手数料は変わってきます。

商品カテゴリー 販売手数料率
15%
CD・レコード 15%
ビデオ・DVD 15%
エレクトロニクス(AV機器&携帯電話) 8%
カメラ 8%
パソコン・周辺機器 8%
(エレクロニクス、カメラ、パソコン)

付属品

10%(最低販売手数料は50円)
Kindle アクセサリ 45%
楽器 8%
ドラッグストア 10%
ビューティー 20%
スポーツ&アウトドア 10%
カー&バイク用品 10%
おもちゃ&ホビー 10%
TVゲーム 15%
PCソフト 15%
ペット用品 15%
文房具・オフィス用品 15%
ホーム(家具・インテリア・キッチン) 15%
ホームアプライアンス 15%
大型家電 8%
DIY・工具 15%
産業・研究開発用品 15%
食品&飲料 10%
腕時計 15%
ジュエリー 15%
ベビー&マタニティ 15%
服&ファッション小物 15%
シューズ&バッグ 15%
その他のカテゴリー 15%

大体、8%~15%前後の販売手数料が必要になります。例えば1,000円の商品が売れた場合は、80円~150円ぐらいの手数料を引かれます。これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれですが、この手数料にはクレジット決済の費用なども含まれておりますので、楽天の様に別途クレジット決済利用手数料やアフィリエイト手数料の様なものも必要がありませんので、アマゾンでは販売金額から手数料を差し引いた金額と送料がまるっと入金されます。

例 販売金額 1,000円+送料 300円-販売手数料 80円=入金金額 1,220円

ちょっと前のことですので送料にも販売手数料が必要か覚えていませんが、大体こんな感じになります。この入金金額から原価と送料を差し引いた金額が儲けになります。

元アマゾン出品者が、アマゾンでの出品のメリットとデメリットを語ってみる

アマゾン出品のメリット アマゾンで商品を販売するに辺り、私の感じるメリットは2つあります。 アマゾン出品のメリット① アマゾンでの出品のメリットは、FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-アマゾン出品について

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.