ノートパソコン(ウルトラブック)

第8世代のCore i7-8550Uと第7世代Core i7-7500Uの比較 違い

投稿日:

第8世代のCore i7-8550Uと第7世代Core i7-7500Uを比べてみる

最近、発売されているノートパソコン・ウルトラブックに搭載されているCore i7-8550Uを前世代のCore i7-7500Uとどのくらい変わったか、比べてみます。

まず、CPUの世代の確認の仕方ですが、Core i7-8550Uの一番上にある数字が世代を表しています。現在では、第8世代が最新となっていますのでCore i7-7500Uは7ですので1世代前のCPUとなっています。

VAIO PRO 13 分解とCPUグリスの塗り替え

今利用している、VAIO PRO13は当時最新のCore i7-4510Uのモデルを選択をして購入しましたが、もう4世代前のCPUになります。大体1年で世代が変わっていきますので4年前のノートパソコン・ウルトラブックになります。そろそろ、バッテリーの持ちなどが悪くなってきましたので新しいノートパソコン・ウルトラブックの購入を検討しないといけないですね。

Core i7-8550UとCore i7-7500Uのスペック

Core i7-8550U Core i7-7500U
開発コード名 Kaby Lake R Kaby Lake
コア数 / スレッド数 4 / 8 2 / 4
ベースクロック 1.8GHz 2.7GHz
ターボブースト時の最大動作クロック 4.0GHz 3.5GHz
キャッシュ 8MB 4MB
内蔵グラフィックス Intel UHD Graphics 620 Intel HD Graphics 620
TDP 15W

VAIO PRO 13 分解とCPUグリスの塗り替え

第8世代なった事での大きな進化は、今までは2コア4スレッドだったものが4コア8スレッドに倍増していることになります。

コアが増えたことにより、すこしベースクロックが下がっていますがコアが増えていますのでいい働きをしてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク




UHD Graphics 620とHD Graphics 620の違い

 

第8世代に進化することにより、内臓グラフィックがHD Graphics 620からUHD Graphics 620に変わっています。

CPUに内蔵のグラフィックで4K動画、VR、3Dなどをサポートするようになります。ウルトラブックのような省電力のパソコンでは、グラフィックボードを搭載することはまずありませんのでゲームなどをするときは、この内蔵のグラフィックの性能でゲームなどの快適度が変わってきます。

ぶた
本気でゲームなどをする場合は、ノートパソコン・ウルトラブックは向いていませんのでBTOや自作でデスクトップの性能のいいパソコンを購入した方がいいです。
UHD Graphics 620 HD Graphics 620
最大周波数(最大) 1.15 GHz 1.05 GHz
最大解像度(最大) 4096x2160 @ 60Hz
ブランド名を変更したGPU(以前の「HD Graphics 620」から「UHD Graphics 620」に改称)が搭載されており、4K動画、VR、3Dなどをサポートする(ただし厳密には、このグラフィックスサポートの向上を支えているのはCPUだ)

まろ
名前は変わっているが、性能がアップしたのはCPUの性能の向上のおかげで数値が変わっているようで同じ内蔵グラフィックの様ですね。

第8世代CPUノートパソコン・ウルトラブック一覧








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-ノートパソコン(ウルトラブック)

Copyright© マロとトリフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.