macbook 12インチ ノートパソコン(ウルトラブック)

MacBookの12インチの購入を検討している方 一緒に考えましょう。

更新日:




MacBook 12インチ

MacBook 12インチ

現在VAIO PRO13を利用していますが3年に一度ぐらい新しいノートパソコンが欲しくなってしまう自分は、MacBookの12インチが欲しくてたまりません。

2年前に発表されたときは、CPUが非力等と書かれていた為あまり物欲が湧かなかったのですが、今年の2017年モデルはいろいろなブログを読むとCPUの性能も上がっているようです。

第7世代のKaby Lakeになり、CPU性能が向上。タブレット向けのYプロセッサながら、梅モデルのm3ですら、昨年発売されたばかりのMac Book Pro(13インチ・Late2016・Touch Barなし)とCPU性能はほぼ同等

MacBook 12インチのCPU

  • 第7世代の1.2GHzデュアルコアIntel Core m3プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.0GHz)
  • 第7世代の1.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)+11,000円
  • 第7世代の1.4GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)+27,500円

appleのホームページでは、CPUは上記の3種類から選択することが可能となっています。

まろ
上記の様なブログを読んでいるとm3のCPUでいいような気がします。ブログを書いたり、ちょこっと動画を見たりするぐらいだけですからね。

MacBook 12インチのSSD(ストレージ)

  • 256GB PCIeベースオンボードSSD
  • 512GB PCIeベースオンボードSSD

ストレージは、現在のVAIO PRO 13で256GBを購入して持て余していますので256GBでいいと思っています。

とりふ
今後Windowsを利用する為にBootCampをした時に少し物足りなく感じるのかもしれませんが、その時は新しいノートパソコンを購入しればいいのかもしれませんね。

MacBook 12インチのメインメモリー

  • 8GB 1,866MHz LPDDR3メモリ
  • 16GB 1,866MHz LPDDR3メモリ +22,000円

メモリーの選択が一番の問題になります。メモリーは多いことに越したことはありませんが、8GB増えると+22,000円って高いです。

最近メモリーの値段が上がっているといわれている自作PC用のメモリーでさえ16GBで20,000円前後で購入することが出来ますからね。

とりふ
これからの利用用途で16GBも必要かどうかが一番考えるところです。

MacBook 12インチ

MacBook 12インチ 購入スペック

この様に考えていると、CPUの第7世代の1.2GHzデュアルコアIntel Core m3プロセッサとSSD(ストレージ)の256GB PCIeベースオンボードSSDは決まってくるのですが、メインメモリーの容量について少し考えるようになります。

8GBのメインメモリーを選択した場合は、吊るしいう量販店での販売モデルになる為ヤマダ電機に行けば若干のお値引きと5%分のポイントを頂くことが出来ます。

ぶた
1週間前にヤマダ電機で聞いた時には、消費税込みで145,000円前後で5%のポイントを付与していただけるとのことでした。

16GBのメインメモリーを選択した場合は、CTOモデルになる為多分ヤマダ電機でも取り扱っていただけますが、apple storeで購入をすると定価の販売となりポイントもないので結構お値段に差がつくのでしょう。

とりあえずモバイル向けのノートパソコンなので重たい作業は自宅のパソコンですればいいので8GBの吊るしのモデルでいいのではないか?と考えて悩んでいます。









-macbook 12インチ, ノートパソコン(ウルトラブック)

Copyright© マロとトリフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.