2019年6月 タイ・パタヤ旅行 タイに住みたい

スワンナプーム空港からパタヤへの移動 初心者向けにコスパのいいベルトラベル

更新日:




スワンナプーム空港からパタヤへの移動

スワンナプーム空港からパタヤへの移動

先週、人生4回目のタイ・パタヤ旅行にいってきました。

タイ旅行の初心者とあまり違いはありませんが、今回タイ旅行でとてもコスパがよいスワンナプーム空港からパタヤへの移動方法がありましたので紹介します。

まず、スワンナプーム空港からパタヤへの移動には2種類あります。

  • タクシー
  • バス

前回のタイ・パタヤ旅行では、深夜便で2人で行った為タクシーでパタヤまで移動しました。今回のタイ・パタヤ旅行では、社員旅行で社長と現地集合でしたので一人でパタヤに向かうことになりますので、少し冒険をしてバスでパタヤに向かうことにしました。

パタヤへタクシーでの移動

パタヤへタクシーでの移動

スワンナプーム空港からパタヤへの移動でもっともポピュラーなものは、タクシーになります。

とりあえず、そんなに言葉が分からなくても、ホテルの住所などのバウチャーを運転手にみせると連れて行ってもらえます。

タクシーでの移動のメリット

タクシーでの移動のメリット

スワンナプーム空港からパタヤへの移動で、タクシーを利用することのメリットは、ドアトゥドアでホテルのエントランスまで送ってもらえることです。

パタヤの地理などが分かってなくても、無事にホテルまで送迎してもらえます。

バスのように出発の時間も気にしなくていいですので、憧れのパタヤに早く移動することができます

ぶた
深夜便でスワンナプーム空港に到着した場合や多人数で移動する場合は、タクシーの一択になります。

タクシーでの移動のデメリット

タクシーでの移動のデメリット

タクシーでの移動のデメリットは、金額です。

今までのパタヤでの移動では、タクシーの料金は2,000バーツほどになっています。

日本人なので、ぼったくられているかもしてませんが・・・。

前回のタイ・パタヤ旅行での事です。

深夜便で到着して早朝にタクシーに乗ったのですが、タクシーの運転手が寝ていないのかわかりませんがふらふらして運転が怖いです。

まろ
前回タクシーに乗ったときは、ふらふらしていた運転が怖かったので、たばこを吸わせろと言って運転手と一緒に休憩をしました。タイらしいのかもしれませんが、高速道路の上で停車して運転手と一緒にスリリングな一服をしました。

パタヤへバスでの移動

パタヤへバスでの移動

スワンナプーム空港からパタヤへは、2種類のバスが出ています。

  • エアポートバス
  • ベルトラベル

バスでの移動のメリット

バスでの移動のメリット

スワンナプーム空港からパタヤへバス移動のメリットは、値段です。

エアポートバスについては、乗っていませんので詳しいことは書けませんが、いろいろなブログを読んでいるとパタヤへ130バーツで行くことができる様です。タクシーでパタヤに向かう場合の、15分の1程度の金額になります。

パタヤへ行ってからの遊ぶお金を温存することができます。

バス移動のデメリット

バス移動のデメリット

バス移動でのデメリットの一つは時間です。

バスの出発の時間まで待たなければなりませんし、深夜便でスワンナプーム空港に到着した場合は早朝の為、バスが出ていない可能性があります。

下記は、他のブログからの引用になりますが、もう一つのデメリットはバスの停留所までの送迎となりますのでその後ホテルまでは自力で行くことになります。

パタヤの降車場所は、以下の5か所です。

  • ノースパタヤ通り(パタヤヌア)とスクンビット通りの交差点
  • セントラルパタヤ通り(パタヤクラン)とスクンビット通りの交差点
  • サウスパタヤ通り(パタヤタイ)とスクンビット通りの交差点
  • テパシット通りとスクンビット通りの交差点
  • タップラヤ通りのバスオフィス
ぶた
パタヤの地理感やソンテウやバイタクに乗ったことの無い人は、結構ハードルが上がると思います。

ホテルへの送迎もありコスパのいいベルトラベル

ホテルへの送迎もありコスパのいいベルトラベル

今回のタイ・パタヤ旅行では、ベルトラベルを利用しました。

スワンナプーム空港から、パタヤの北バスステーションまでバスでの移動となります。

ホテルへの送迎もありコスパのいいベルトラベル

パタヤの北バスステーションには、ハイエースが待機しておりホテルまで送迎をしてもらえますので、パタヤ旅行初心者の方でも安心です。

ぶた
料金は、280バーツなっています。ベルトラベルの運行本数はあまり多くないのですが、バス移動でのメリットの料金とタクシーでの移動のメリットのドアトゥドアの両方のメリットをとったベルトラベルは、初心者がスワンナプーム空港からパタヤに行くのにお勧めです。

ベルトラベルのデメリット

ベルトラベルのデメリット

バス並みの料金でパタヤまで行くことができ、タクシーのようにホテルまで送迎してもらえベルトラベルですが、少し利用しずらい事があります。

  • 予約がネットのみ
  • バスの本数が少ない
  • 集合場所が分かりにくい

ベルトラベルは、予約がネット

言葉の通じないタイのカウンターでバスの乗車券を購入するより、Googleが翻訳してくれたサイトで乗車券を購入した方が簡単かもしれません。

日本を出る前にネットで乗車券を購入した場合、飛行機が遅れた場合やイミグレーションが混んでいて入国が遅れた場合などは乗車券が無駄になってしまいます。

ぶた
今回のタイ・パタヤ旅行では、飛行機は30分ぐらい早く到着したのですが、イミグレーションが混んでいてバスの乗車時間ギリギリになってしまいました。

バスの本数が少ない

ネットの予約画面を見る限りでは、1日2時間おきにパタヤへのバスが6本になります。

まろ
15時に到着の昼便でしたので、16時のバスを予約したのですがギリギリ間に合いました。

集合場所が分かりにくい

Pick-up Location

Suvarnabhumi Airport,Level1 Between Gate No7&Gate No8

ベルトラベルのネット予約完了後、上記の様なメールが届きます。

バスチケットのカウンターがありませんので、スワンナプーム空港の1階の7番ゲートと8番ゲートの間に集合という内容になります。

集合場所が分かりにくい

とりふ
この集合場所がわかりにくく、何度も7番ゲートと8番ゲートの間を往復していました。
スワンナプーム空港からパタヤ ベルトラベルの予約の仕方と集合場所

スワンナプーム空港からパタヤへの移動 今回のタイ・パタヤ旅行で、スワンナプーム空港からパタヤへの移動の手段で一番コスパがいいと感じたベルトラベルのバスチケットの予約の仕方と少しわかりにくい集合場所の紹 ...

続きを見る









-2019年6月 タイ・パタヤ旅行, タイに住みたい

Copyright© マロとトリフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.