2019-2020 年越しタイ・パタヤ旅行 タイに住みたい

ICONSIAM(アイコンサイアム)の後は、有馬温泉のマッサージとアジアンティーク

投稿日:

ICONSIAM(アイコンサイアム)の後は、有馬温泉

ICONSIAM(アイコンサイアム)の後は、有馬温泉

年末のタイ旅行の最終日の1月1日。

朝早起きをしてインスタ映えポイントのワット パクナムへ行って、ICONSIAM(アイコンサイアム)でタイラーメンを食べるなどいろいろ走り回り疲れましたので、有馬温泉に行って耳かきマッサージをしてもらうことにしました。

ICONSIAM(アイコンサイアム)の後は、有馬温泉

下から6番目のタイ式ボディーマッサージ+耳そうじをお願いしました。

ぶた
前回のタイ旅行でも有馬温泉に行ったのですが、コースを間違えて足つぼマッサージとタイ式ぼボディーマッサージをお願いしてしまったので間違えないように耳そうじのあるコースを注文。

ICONSIAM(アイコンサイアム)の後は、有馬温泉

おねーちゃんと2人並んで有馬温泉の服に着替えます。

1年半ぶりの有馬温泉での、耳そうじ。

ICONSIAM(アイコンサイアム)の後は、有馬温泉

いつものように何故か、吉野家湯飲みでお茶を出されて終了です。

とりふ
人に耳かきをしてもらうのは、気持ちいですね。

有馬温泉の後は、アジアンティークへ

有馬温泉の後は、アジアンティークへ

アジアンティークへ行くために、サラディーン駅からBTSに乗ってアジアンティーク行きの無料のシャトルボートが出るサパーンタークシン駅へ戻ります。

ICONSIAM(アイコンサイアム)行きのシャトルボートはサパーンタークシン駅を降りて右の方へ行きますが、アジアンティーク行きのシャトルボートは左の方です。

有馬温泉の後は、アジアンティークへ

アジアンティークは、ICONSIAM(アイコンサイアム)より少し遠く、シャトルボートに乗っている時間が少し長いです。

有馬温泉の後は、アジアンティークへ

アジアンティークに無事に到着。

とりあえず、いろいろなお店を見て回ることに。

有馬温泉の後は、アジアンティークへ

屋根がありますので、雨が降っても安心。

有馬温泉の後は、アジアンティークへ

特に何も欲しいものは無かったのですが、おねーちゃんがサンダルを購入していました。

まろ
後から気になったのですが、ブラックライトで光る黒いT-シャツがあり、確かそのT-シャツは音楽に合わせて絵柄が動いていました。どのような仕組みなのかなと考えながら、通り過ぎてしまったので買っておけばよかったです。面白いものでしたら、大量に仕入れてAmazonで販売してもよかったなと思っています。時間ができたら、T-シャツだけでも買いに行くためにタイに行きたいと考えています。

アジアンティークで夕食

アジアンティークで夕食

チャオプラヤー川が見えるレストランで夕食。

焼き牡蠣。

アジアンティークで夕食

カオパット(タイ風チャーハン)

アジアンティークで夕食

レストランの目の前では、爆音のディナークルーズの船が行ったり来たりしています。

タイ旅行最後の夜なので、この後はラチャダーナイトマーケットに行くことにします。

ぶた
バンコクへ来た2日間の方がイベントが一杯でいろいろなところへ行きましたが、そんなに写真を撮っていませんのでブログが進みません。やっぱり、個人的にゆっくりとしたパタヤの方がいいのかもしれません。








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-2019-2020 年越しタイ・パタヤ旅行, タイに住みたい

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.