自作PC

1台目の自作PC用にグラフィックボードを購入しました。

更新日:




自作PCのグラフィックボードを購入。

先月の楽天スーパーセールのポイントが付与されましたので、グラボ(グラフィックボード)を購入しました。現在の利用しているCPUのIntel® HD Graphics 630でもあまり不都合がありませんが、グラボ(グラフィックボード)を装着してDisplayportとHDMIの2系統でマルチモニターの環境を構築したいと思いポチッといたしました。グラボ(グラフィックボード)が届いたら、ダウンロードしてからあまりやっていないGTA5もやってみたいと思います。

MSI GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G グラフィックスボード VD6190

今回購入したのは、こちらのMSIのGTX 1050Tiの4Gになります。本当は、gtx1080が欲しかったですが、多分私の利用する分にはスペックを持て余す上に予算の都合上、3ランク下のGTX 1050Tiを選択し購入をしました。GTX 1050TiにもDisplayportとHDMIの出力がありますので、マルチモニターの環境を構築することができます。

  • グラフィックス : NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
  • CUDAコア : 768ユニット
  • コアベースクロック : 1379MHz(OCモード時)
  • ブーストクロック : 1493MHz(OCモード時)
  • メモリ : GDDR5 4GB
  • 出力端子 : Displayport1.4×1、HDMI2.0b×1、DL-DVI-D×1
  • 対応バススロット : PCI Express 3.0 x16
  • 補助電源 : 6ピン×1
  • 最大消費電力 : 約75W
  • 外形寸法 : 約229×131×39mm
  • 主な付属品 : ドライバCD、インストールガイド

仕様は、こんな感じになります。グラボ(グラフィックボード)のメモリは、4GBになっておりgtx1060の下位商品の3GBよりは、多くなっています。自作PCのメインメモリと違い、グラボ(グラフィックボード)のメモリが何に影響するかわかりませんが、とりあえず初心者の私は、多い方がいいと思い4GBのGTX 1050Tiを購入いたしました。グラボ(グラフィックボード)のメーカーは、マザーボードと同じMSIのもので合わせてみました。他の玄人志向のものなどと比べても少し高い値段設定となっています。

MSI GeForce GTX 1050 Ti GAMING X 4G グラフィックスボード VD6190

ぶた
ゲームのグラフィックが向上することは、あまり期待していませんが、GTX 1050Tiを購入することでDisplayportとHDMIの2系統のマルチモニターができます。マルチモニターに2万円を支払うような感じですね。

PCケース Sharkoon SHA-DG7000-GN 11,880円
電源 玄人志向 電源 600W 80PLUS Platinum 7,481円
マザーボードMSI Z270 GAMING PRO CARBON 23,980円
CPUクーラー CoolerMaster Hyper TX3 EVO 2,916円
DVDドライブ ASUS DRW-24D5MT  2,549円
CPU Core i7-7700K        46,800円
メインメモリー CORSAIR PC4-21300/DDR4-2666 8GB×2枚 15,450円
SSD Samsung SSD 512GB 960 PRO 39,800円
グラボ(グラフィックボード)MSI GeForce GTX 1050 Ti 19,260円


合計                   170,116円

まろ
このように構成を見ると少し弱いように見えますが、170,000円以上自作PCにお金掛けています。

スポンサーリンク




BTOと自作PCを比べてみる

これで、自作PCは完成する予定となっていますので、同じような構成のBTOパソコンと比べてみます。

ドスパラで、BTOの見積もりを作ってみました。

 ドスパラ 自作PC
 CPU  インテル Core i7-7700K  インテル Core i7-7700K
 マザーボード  H270 チップセット ATXマザーボード  Z270 GAMING PRO CARBON
 メインメモリー  16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)  CORSAIR PC4-21300/DDR4-2666 8GB×2枚
 ストレージ  Samsung 500GB (850 EVOシリーズ)  Samsung SSD 512GB 960 PRO
 グラボ(グラフィックボード)  NVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB  MSI GeForce GTX 1050 Ti
 電源  AcBel 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA013)  600W 80PLUS Platinum
金額 170,574 円 182,831円

比較をするとこんな感じです。OSまで入れると、自作PCは180,000円を超えており同じような構成のBTOパソコンより高くなります。同じパーツを利用している訳ではありませんので、一概に高いとは言えません。マザーボードやストレージ、電源などはBTOパソコンよりいいものを使っていると思います。多分普通に使っている分には、体感できないと思いますが自己満足の世界ですね。パーツを選んでいるときの楽しさや組み立てるときの面白さが自作PCにはありますので、今すぐにパソコンを使う目的がある場合は、BTOパソコンを選んだ方が無難かもしれませんね。

 









-自作PC

Copyright© マロとトリフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.