自作PC

自作PC Core i7の世代別の比較

投稿日:

Core i7の世代別の性能の比較

とにかく最高な自作PCを制作したい場合に利用したいのが、Core i7のCPUです。同じCore i7のCPUでも世代により性能が変わってきます。Core i7-7700Kの型番で一番上の赤文字のところが世代になり、Core i7で現在最新のものは7700Kで第7世代になります。

コアの数 スレッド数 ベース動作周波数  ターボ・ブースト TDP  キャッシュ
Core i7-920 4 8 2.66GHz 2.93GHz 130W 8MB
Core i7-2700K 4 8 3.5GHz 3.9GHz 95W 8MB
Core i7-3770K 4 8 3.5GHz 3.9GHz 77W 8MB
Core i7-4790K 4 8 4.0GHz 4.4GHz 88W 8MB
Core i7-5775C 4 8 3.3GHz 3.7GHz 65W 6MB
Core i7-6700K 4 8 4GHz 4.2GHz 91W 8MB
Core i7-7700K 4 8 4.2GHz 4.5GHz 91W 8MB

第5世代だけ同じようなものがありませんでしたので少し違うタイプのCore i7になりますが、他はオーバークロック対応のKが付いたCPUで比べてみました。現在の最新のCore i7-7700Kでは、第2世代や第3世代のCPUがターボブーストを利用して頑張った時以上の処理を通常時していることになりますね。新しくなるとクロック数が上がるのと共にTDP(消費電力)も減っていっていますね。

ぶた
ヤフオクとかでは、Core i7と書かれてよく出品されていますが、Core i7の後ろについている型番を確認してなるべく新しいCPUを選んで購入してみてください。
まろ
初代のCore i7が発売されたのが、2009年になりますので2017年ではもう8年前のCPUになります。

Core i7のソケットの違い

ソケット
Core i7-920 LGA1366
Core i7-2700K LGA1155
Core i7-3770K LGA1155
Core i7-4790K LGA1150
Core i7-5775C LGA1150
Core i7-6700K LGA1151
Core i7-7700K LGA1151

CPUの世代によってソケットが変わってきます。後ろの数字はピンの数になりますので、数字が違うものはピンの数が違ってきますので物理的に利用することができません。現在最新のソケットはLGA1151になりますのでLGA1151に対応したマザーボードを購入して自作PCを作りましょう。古い世代のソケットはだんだん対応しているパーツも減ってきますのでなるべく新しめのものを選んだ方が長く利用できますね。

とりふ
ヤフオクで中古のパソコンを購入する場合、ソケットも気にした方がいいかもしれません。古いものだと壊れた場合に交換や修理するものも少なくなってきます。自分で最新の自作PCを作るのもいいですし、お安くヤフオクなどで中古品を購入するのもいいと思いますが、そのものを内容を理解した上で購入するとちょっとだけパソコンが好きになってくると思います。









-自作PC

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.