自作PC

今度作ってみたい自作PCの構成 ①

投稿日:

次に作る自作PCの構成

初心者の私の初めての自作PCは、とりあえず予算の都合上グラフィックボード以外は現在の最新で性能がいいものを選んで組み上げてみました。

初心者が作る自作PC 1台目

初めての自作PCのスペック 初めて自作PCを組み立てが成功しました。とりあえず現状(2017年3月)一番いいと思われるパーツを購入し作ってみましたので紹介します。 CPU Core i7-7700K ...

続きを見る

いろいろ良さそうなPCパーツを選んで購入していたら、200,000円近く掛かってしまいました。同じような構成なら、BTOのパソコンの方が安かったかもしれません。現状この自作PCだけで何も不都合な事はありませんが、今度自作PCを作るならこんな感じで作ってみようかなと考えています。

①PCケース

今度は、このベアボーンPCを利用して自作PCを作ってみたいと考えています。今使っている自作PCのケースと違ってコンパクトな自作PCを組み上げることができます。コンパクトなPCケースの為、拡張性はほとんどなくグラフィックボードは搭載できないようです。他のPCケースに比べ少しお値段が高くなっていますが、このベアボーンPCはマザーボードとPC電源が込みの金額となっています。

マザーボードは、H110のチップセットを搭載しており、インターフェース(モニター出力)はVGA×1/ HDMI×1/ DisplayPort×1 の3系統となっています。HDMIとDisplayPortの2系統を使い、デュアルディスプレイも可能となっています。

ASRock Intel H110搭載 ベアボーンPC Desk Mini 110/B/BB

②CPU

H110のマザーボードを搭載していてソケットはLGA1151となっている為、第6世代CPU「Skylake」か第7世代CPU「Kaby Lake」を利用することになります。第7世代CPU「Kaby Lake」を利用する場合は、BIOSのアップデートが必要になり少しハードルが上がりますので無難に作りたい場合には第6世代CPU「Skylake」を利用することをおすすめいたします。

拡張性もなく、コンパクトな自作PCになりますのでそんなにハイスペックを求めることができませんので、PentiumぐらいのCPUがいいと考えています。私が、初めてパソコンを購入しようと思った15年ぐらい前はPentium 4と言ったら最上級のCPUでしたけど大分ランクが下がってきましたね。

スポンサーリンク




このPentium G4400は、第6世代CPU「Skylake」のCPUでソケットもLGA1151になっていますのでそのまま利用することができますね。

予算が許すのなら、こちらのハイスペックのCore i7-6700もいいのかもしれませんね。

③ストレージ(SSD)

このベアボーンPCのH110には、M.2のスロットが搭載されています。

折角、M.2のスロットが搭載されていますので、M.2でNVMe1.2接続のSamsung SSD 250GB 960 EVOがいいのではないでしょうか。Amazonでも結構売れているみたいです。このSSDを利用すると、1,000MB/s以上の転送速度体感できますので、OSやアプリの起動が爆速になります。

SATAのコネクターもありますので、お安く自作PCを組み上げたい場合はこちらの2.5インチのSATA接続のSSDでも十分に満足できると思います。

スポンサーリンク




④メインメモリー

このベアボーンPCのマザーボードは、ノートパソコンのメモリーのスロットになるそうですのでノートパソコン用のメモリーが必要となります。そんなにゲームとかできないと思いますが、最低でも8GBのメモリーが欲しいですね。

⑤OS

自作PCパーツは、上記の4つで終わりになります。最後は、自作PCを動かすためのOSになります。

OSは、そんなに選択肢がありません。最近では、ほぼWindows10の一択ですね。OSは自作PCが出来上がってからの購入でも構いません。上記の商品は、シリアルナンバーが書かれた紙が届くだけですので、Windows10はMicroSoftからダウンロードするとりあえず利用することができます。

Windows10のダウンロードの仕方

自作PCにWindows10をインストール 自作PCでWindows10を利用する為の方法を書いていきたいと思います。 まず自作PCにWindows10の方法ですが、MicrosoftからWindow ...

続きを見る

OSの入手の仕方は、上記になります。32GBのUSBメモリーがあれば、ダウンロードからインストールまですることができます。

次に作る自作PCの総額

  • ASRock Intel H110搭載 ベアボーンPC Desk Mini 110/B/BB  14,335円
  • Intel CPU Pentium G4400                  6,974円
  • Samsung SSD 250GB 960 EVO                                         16,479円
  • Crucial [Micron製] DDR4 ノートPC用メモリー 4GB x2            8,481円
  • Microsoft Windows10 Home Premium 64bit        12,742円

合計                         59,011円

ぶた
購入の時期で多少金額は前後すると思いますが、OS込みで60,000円前後の自作PCになります。コンパクトなPCを作ろうと考えている方は是非ベアボーンPCで自作PCを作ってみてください。OSをヤフオクで売られているような怪しいもの変更をすると50,000円以下の自作PCが見えてきますね。









-自作PC

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.