賃貸不動産経営管理士 賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士がサブリース方式の契約業務を行う場合に関する問題 令和2年の過去問 問6 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで203日

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで203日

賃貸不動産経営管理士がサブリース方式の契約業務を行う場合に関する問題 令和2年の過去問 問6 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで203日

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで203日。

4日前から始まったゴールデンウイークですが、コロナや天候の影響で外に出ることなく自宅待機をしてます。

暇なので、「賃貸不動産経営管理士」の試験の問題をします。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年の過去問 問6

【問 6】 賃貸不動産経営管理士がサブリース方式の契約業務を行う場合に関する次の記述のうち、賃貸住宅管理業者登録制度(平成 23 年9月 30 日国土交通省告示第 998 号及び第 999 号、平成 28 年8月 12 日国土交通省告示第 927 号及び第 928 号改正。以下、各問において「賃貸住宅管理業者登録制度」という。)の規定に照らし、賃貸不動産経営管理士等が行わなければならない貸主に対する重要事項説明の事項として、正しいものはいくつあるか。

  • ア 管理事務の内容及び実施方法に関する事項
  • イ 転貸の条件に関する事項
  • ウ 借賃及び将来の借賃の変動に係る条件に関する事項
  • エ 契約が終了した場合における転貸人の地位の承継に関する事項
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
まろ
賃貸不動産経営管理士がサブリース方式の契約業務を行う場合に関して、正しいものの個数を選ぶ問題です。

ア 管理事務の内容及び実施方法に関する事項

管理事務の内容及び実施方法に関する事項は、貸主に対する重要事項説明の事項に含まれています。

その為、選択肢アは正しいです。

イ 転貸の条件に関する事項

転貸の条件に関する事項は、貸主に対する重要事項説明の事項に含まれています。

その為、選択肢イは正しいです。

ウ 借賃及び将来の借賃の変動に係る条件に関する事項

借賃及び将来の借賃の変動に係る条件に関する事項は、貸主に対する重要事項説明の事項に含まれています。

その為、選択肢ウは正しいです。

エ 契約が終了した場合における転貸人の地位の承継に関する事項

契約が終了した場合における転貸人の地位の承継に関する事項は、貸主に対する重要事項説明の事項に含まれています。

その為、選択肢エは正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年の過去問 問6の解答とまとめ

賃貸不動産経営管理士がサブリース方式の契約業務を行う場合に関する問題 令和2年の過去問 問6 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで203日

正しいものの選択肢の個数は4つになります。

解答は、④の4つです。

  • 管理事務の内容及び実施方法に関する事項
  • 転貸の条件に関する事項
  • 借賃及び将来の借賃の変動に係る条件に関する事項
  • 契約が終了した場合における転貸人の地位の承継に関する事項
ぶた
他にもありますが、賃貸物件の管理業者が賃貸物件のオーナーより賃貸物件を借り上げるときに契約の重要事項説明時に上記のを説明しないといけません。

個数の選択問題の時、全部誤っているとか全部正しいなどの選択肢は、全ての選択肢の内容を理解していないと選択しにくいので、少し難易度が上がります。

賃貸物件のオーナーと管理会社の管理契約(サブリースを含む)の時の重要事項説明は、賃貸不動産経営管理士の重要な仕事ですので確実に覚えましょう。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年(2020年)の過去問

令和2年(2020年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 令和2年(2020年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、34点。 合格ライン(合否判定基準)は、50問中34問以上正解した方(管理 ...

続きを見る








2021年度賃貸不動産経営管理士講座提供開始!!



-賃貸不動産経営管理士, 賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.