自作PC

自作PC SATA接続とPCIe3.0×4 NVMe1.2接続のSSDの違い

投稿日:

最近普及してきたM.2のSSD

Samsung SSD 500GB 960 EVO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.2 V-NAND搭載 3年保証 日本サムスン正規品 MZ-V6E500B/IT

最近自作PCやノートパソコンで普及してきたM.2のSSDです。

Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.2 V-NAND搭載 5年保証 日本サムスン正規品 MZ-V6P512B/IT

このM.2のSSDは、M.2のスロットに差し込んで利用するものですのでほとんどの物は同じサイズとなっています。

私が購入したのは、こちらになります。

ほとんどのM.2のSSDは、Type2280というサイズで2.2cm×8.0cmの大きさとなっています。

Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.2 V-NAND搭載 5年保証 日本サムスン正規品 MZ-V6P512B/IT

パソコンなどの画面で見ると結構大きく感じますが、手元に届く実物はびっくりするほど小さいです。

スポンサーリンク




SATA接続とPCIe3.0×4 NVMe1.2接続の違い

このM.2のSSDには、2種類の接続方法があります。

  • SATA接続
  • PCIe3.0×4 NVMe1.2接続

SATA接続は、転送速度の限界が600MB/sで、PCIe3.0×4接続では限界が3,200MB/sとなっています。ストレージからの転送速度が早い事でOSやアプリケーションの起動が爆速となっています。SATA接続のSSDで十分早く感じることが出来ますが、それ以上の数値をPCIe3.0×4 では出すことが出来ます。

スポンサーリンク




M.2のSSD SATA接続とPCIe3.0×4 NVMe1.2接続の見分け方

サイズが同じM.2のSSDの接続の見分け方は、M.2スロットの差込口の切れ込み部分でします。

Samsung SSD 500GB 960 EVO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.2 V-NAND搭載 3年保証 日本サムスン正規品 MZ-V6E500B/IT

こちらは、Samsung SSD 250GB 960 EVOですのでPCIe3.0×4 NVMe1.2のSSDになります。

DREVO D1 SSD 240GB TLC採用 内蔵SSD M.2 2280対応 SATA3 6Gb/s 3年保証 最大読取速度500MB/S 最大書込速度400MB/S

こちらは、SATA接続のM.2のSSDになります。

ぶた
上記の2つのM.2のSSDを比べてみると差し込み口の切れ込み部分が違っているのが分かります。接続方法で値段が変わってきますが、最近ではSSDの値段も下がってきてそんなに接続方法での金額の開きは無くなってきましたので、是非高速なPCIe3.0×4 NVMe1.2を購入して自作PCを作ってみてください。M.2のSSDは、ノートパソコンでも利用が増えてきていますのでSSDの換装の時などにも活躍する機会が出てくると思います。








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-自作PC

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.