賃貸不動産経営管理士

賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで35日② 平成27年の過去問 問8

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで35日②

賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで35日② 平成27年の過去問 問8

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで35日②。

今日の2問目は、賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問 問8

【問 8】賃貸住宅管理業者登録制度における賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 賃貸住宅管理業者は、管理物件が遠隔地に所在する場合には、基幹事務を一括して他の者に再委託することができる。
  2. 賃貸住宅管理業者は、事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、標識を掲げなければならない。
  3. 賃貸住宅管理業者は、その従業者に対し、管理事務の適切な処理を図るため必要な研修を受けさせるよう努めなければならない。
  4. 賃貸住宅管理業者の従業者は、その業務を行うに際し、借主等その他の関係者から請求があったときは、従業者証明書を提示しなければならない。
ぶた
賃貸住宅管理業者登録制度における賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関して、誤っているものの選択肢を選ぶ問題です。

1.賃貸住宅管理業者は、管理物件が遠隔地に所在する場合には、基幹事務を一括して他の者に再委託することができる。

  1. 家賃、敷金等の受領に係る事務
  2. 賃貸借契約の更新に係る事務
  3. 賃貸借契約の終了に係る事務

上記の3つの基幹事務を一括して他の者に再委託することはできません。

このことは、管理物件が遠隔地に所在する場合でも同じです。

その為、選択肢①は誤っています。

2.賃貸住宅管理業者は、事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、標識を掲げなければならない。

そのままです。

賃貸住宅管理業者は、事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、標識を掲げなければなりません。

その為、選択肢②は正しいです。

3.賃貸住宅管理業者は、その従業者に対し、管理事務の適切な処理を図るため必要な研修を受けさせるよう努めなければならない。

そのままです。

賃貸住宅管理業者は、その従業者に対し、管理事務の適切な処理を図るため必要な研修を受けさせるよう努めなければなりません。

その為、選択肢③は正しいです。

4.賃貸住宅管理業者の従業者は、その業務を行うに際し、借主等その他の関係者から請求があったときは、従業者証明書を提示しなければならない。

そのままです。

賃貸住宅管理業者の従業者は、その業務を行うに際し、借主等その他の関係者から請求があったときは、従業者証明書を提示しなければなりません。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問8の解答とまとめ

賃貸住宅管理業者の業務に関する遵守事項に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで35日② 平成27年の過去問 問8

誤っているものの選択肢は、①です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 基幹事務を一括して他の者に再委託することはできません。
  • 賃貸住宅管理業者は、事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、標識を掲げなければなりません。
  • 賃貸住宅管理業者は、その従業者に対し、管理事務の適切な処理を図るため必要な研修を受けさせるよう努めなければなりません。
  • 賃貸住宅管理業者の従業者は、その業務を行うに際し、借主等その他の関係者から請求があったときは、従業者証明書を提示しなければなりません。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年(2015年)の過去問

平成27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、25点。 受験者数 4,908人 合格者数 2,679人 合格率 54. ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.