賃貸不動産経営管理士

雨水による漏水又は浸水に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで60日② 平成29年の過去問 問39

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで60日②

雨水による漏水又は浸水に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで60日② 平成29年の過去問 問39

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで60日②。

今日の2問目は、雨水による漏水又は浸水に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 問39

【問 39】 雨水による漏水又は浸水に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 建物の最上階では、屋上や屋根、庇からの漏水が多い。
  2. 建物の中間階では、外壁や出窓、ベランダからの浸水は少ない。
  3. 雨水による漏水の発生源を特定することは、困難な場合が多い。
  4. 外壁がタイル張りの場合は、タイルの剥がれやコーキングの劣化に起因する漏水が多い。
ぶた
雨水による漏水又は浸水に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.建物の最上階では、屋上や屋根、庇からの漏水が多い。

そのままです。

建物の最上階では、屋上や屋根、庇からの漏水が多いです。

その為、選択肢①は正しいです。

2.建物の中間階では、外壁や出窓、ベランダからの浸水は少ない。

建物の中間階の浸水の原因は、外壁や出窓、ベランダからが多いです。

その為、選択肢②は誤っています。

3.雨水による漏水の発生源を特定することは、困難な場合が多い。

そのままです。

雨水による漏水の発生源を特定することは、困難な場合が多いです。

雨漏りが原因と思っていたら、エアコンのダクトから水が出ていたとかもありました。

その為、選択肢③は正しいです。

4.外壁がタイル張りの場合は、タイルの剥がれやコーキングの劣化に起因する漏水が多い。

そのままです。

外壁がタイル張りの場合は、タイルの剥がれやコーキングの劣化に起因する漏水が多くなっています。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問39の解答とまとめ

雨水による漏水又は浸水に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで60日② 平成29年の過去問 問39

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、②です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 建物の最上階では、屋上や屋根、庇からの漏水が多いです。
  • 建物の中間階の浸水の原因は、外壁や出窓、ベランダからが多いです。
  • 雨水による漏水の発生源を特定することは、困難な場合が多いです。
  • 外壁がタイル張りの場合は、タイルの剥がれやコーキングの劣化に起因する漏水が多くなっています。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年(2017年)の過去問

平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、27点。 受験者数 16,624人 合格者数 8,033人 合格率 4 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.