賃貸不動産経営管理士

建物の維持管理に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで46日② 平成28年の過去問 問30

更新日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで46日②

建物の維持管理に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで46日② 平成28年の過去問 問30

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで46日②。

今日の2問目は、建物の維持管理に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問 問30

【問 30】建物の維持管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 特殊建築物等の所有者又は管理者は、定期に、一級建築士等に調査をさせなければならない。
  2. 予防保全は、事故や不具合が生じる前に、あらかじめ適切な処置を施す保全である。
  3. 事後保全は、事故や不具合が生じてから、修繕等を行う保全である。
  4. 予防保全においても、事後保全においても、法定耐用年数どおりに機器を交換することが重要である。
ぶた
建物の維持管理に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.特殊建築物等の所有者又は管理者は、定期に、一級建築士等に調査をさせなければならない。

そのままです。

特殊建築物等の所有者又は管理者は、定期に、一級建築士等に調査をさせなければいけません。

その為、選択肢①は正しいです。

2.予防保全は、事故や不具合が生じる前に、あらかじめ適切な処置を施す保全である。

そのままです。

予防保全は、事故や不具合が生じる前に、あらかじめ適切な処置を施す保全です。

その為、選択肢②は正しいです。

3.事後保全は、事故や不具合が生じてから、修繕等を行う保全である。

そのままです。

事後保全は、事故や不具合が生じてから、修繕等を行う保全です。

その為、選択肢③は正しいです。

4.予防保全においても、事後保全においても、法定耐用年数どおりに機器を交換することが重要である。

法定耐用年数前に機器が故障する場合もありますので、予防保全においても、事後保全においても、法定耐用年数どおりに機器を交換することにこだわることなく、劣化状況や収支状況に応じて、予防的に交換・修繕をすることが必要です。

その為、選択肢④は誤っています。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問30の解答とまとめ

建物の維持管理に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで46日② 平成28年の過去問 問30

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、④です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 特殊建築物等の所有者又は管理者は、定期に、一級建築士等に調査をさせなければいけません。
  • 予防保全は、事故や不具合が生じる前に、あらかじめ適切な処置を施す保全です。
  • 事後保全は、事故や不具合が生じてから、修繕等を行う保全です。
  • 法定耐用年数前に機器が故障する場合もありますので、予防保全においても、事後保全においても、法定耐用年数どおりに機器を交換することにこだわることなく、劣化状況や収支状況に応じて、予防的に交換・修繕をすることが必要です。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年(2016年)の過去問

平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、28点。 受験者数 13,149人 合格者数 7,350人 合格率 5 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.