賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産の鍵の交換に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで15日 平成27年の過去問 問23

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで15日

賃貸不動産の鍵の交換に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで15日 平成27年の過去問 問23

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで15日。

11月に変わり、「賃貸不動産経営管理士」の試験まであと15日となりました。

今日は、賃貸不動産の鍵の交換に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問 問23

【問 23】賃貸不動産の鍵の交換に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 従前の借主が退去した後、貸主が鍵を交換せずに、新しい借主に賃貸した場合、従前の借主が鍵を使用して当該貸室に侵入するという盗難事件が発生したとしても、貸主が新しい借主に損害賠償責任を負うことはない。
  2. 鍵交換の費用は、原則として借主が負担すべきである。
  3. ピッキングに対応した鍵への交換費用については、原則として借主・貸主のうち交換を申し出た方が負担すべきである。
  4. 鍵交換は従前の借主が退去した後、入居する借主が決定する前までに行うことが望ましい。
ぶた
賃貸不動産の鍵の交換に関して、最も適切なもの(正しいもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.従前の借主が退去した後、貸主が鍵を交換せずに、新しい借主に賃貸した場合、従前の借主が鍵を使用して当該貸室に侵入するという盗難事件が発生したとしても、貸主が新しい借主に損害賠償責任を負うことはない。

前の借主の退去後、貸主が鍵を交換せずに、新しい借主に賃貸した場合、前の借主が鍵を使用して貸室に侵入するという盗難事件が発生したときは、貸主が新しい借主に損害賠償責任を問われる可能性があります。

その為、選択肢①誤っています。

2.鍵交換の費用は、原則として借主が負担すべきである。

選択肢①から解るように、鍵の交換は貸主の義務となります。

原則として貸主が鍵の交換費用を負担すべきです。

その為、選択肢②は誤っています。

3.ピッキングに対応した鍵への交換費用については、原則として借主・貸主のうち交換を申し出た方が負担すべきである。

そのままです。

通常の鍵の交換は、原則として貸主が鍵の交換費用を負担して交換をしますが、通常の鍵よりセキュリティーが高いピッキングに対応した鍵への交換費用については、借主・貸主のうち交換を申し出た方が負担すべきです。

その為、選択肢③は正しいです。

4.鍵交換は従前の借主が退去した後、入居する借主が決定する前までに行うことが望ましい。

言葉の問題です。

鍵の交換は、入居する借主が決定して入居するまでの間に交換をする事が望ましいです。

入居する借主が決定する前は、いろいろな仲介業者が賃貸物件の案内をしますので、万一そのカギを複製された場合に盗難事件が発生する可能性があります。

その為、選択肢④は誤っています。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問23の解答とまとめ

賃貸不動産の鍵の交換に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで15日 平成27年の過去問 問23

最も適切なもの(正しいもの)の選択肢は、③です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 前の借主の退去後、貸主が鍵を交換せずに、新しい借主に賃貸した場合、前の借主が鍵を使用して貸室に侵入するという盗難事件が発生したときは、貸主が新しい借主に損害賠償責任を問われる可能性があります。
  • 原則として貸主が鍵の交換費用を負担すべきです。
  • 通常の鍵の交換は、原則として貸主が鍵の交換費用を負担して交換をしますが、通常の鍵よりセキュリティーが高いピッキングに対応した鍵への交換費用については、借主・貸主のうち交換を申し出た方が負担すべきです。
  • 鍵の交換は、入居する借主が決定して入居するまでの間に交換をする事が望ましいです。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年(2015年)の過去問

平成27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、25点。 受験者数 4,908人 合格者数 2,679人 合格率 54. ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.