賃貸不動産経営管理士

保険に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで9日② 平成27年の過去問 問34

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで9日②

保険に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで9日② 平成27年の過去問 問34

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで9日②。

今日の2問目は、保険に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問 問34

【問 34】保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 賃貸不動産の経営における危険を軽減・分散するための重要な方策の1つに保険の利用がある。
  2. 保険は、生命保険、損害保険、傷害・医療保険に分類することができるが、このうち賃貸不動産の経営においては、通常、生命保険が最も有効である。
  3. 住宅火災保険・住宅総合保険は、火災・落雷・風災・ひょう災等による住宅や家財の損害の全部又は一部を補償の対象とするものである。
  4. 地震保険は、住宅に関する火災保険に付帯して加入することにより、地震・噴火・津波を原因とする火災や損壊等による損害を補償する保険である。
ぶた
保険に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.賃貸不動産の経営における危険を軽減・分散するための重要な方策の1つに保険の利用がある。

そのままです。

賃貸不動産の経営における危険を軽減・分散するための重要な方策の1つに保険の利用があります。

その為、選択肢①は正しいです。

2.保険は、生命保険、損害保険、傷害・医療保険に分類することができるが、このうち賃貸不動産の経営においては、通常、生命保険が最も有効である。

保険の種類は下記の様な分類になります。

  • 第一分野(生命保険)
  • 第二分野(損害保険)
  • 第三分野(傷害・医療保険)

選択肢②の前半部分は正しいですが、賃貸不動産の経営においては、第二分野(損害保険)が最も有効な保険となります。

その為、選択肢②は誤っています。

3.住宅火災保険・住宅総合保険は、火災・落雷・風災・ひょう災等による住宅や家財の損害の全部又は一部を補償の対象とするものである。

そのままです。

住宅火災保険・住宅総合保険は、火災・落雷・風災・ひょう災等による住宅や家財の損害の全部又は一部を補償の対象とするものです。

その為、選択肢③は正しいです。

4.地震保険は、住宅に関する火災保険に付帯して加入することにより、地震・噴火・津波を原因とする火災や損壊等による損害を補償する保険である。

そのままです。

地震保険は、住宅に関する火災保険に付帯して加入することにより、地震・噴火・津波を原因とする火災や損壊等による損害を補償する保険です。

地震保険単独では、加入することができません。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問34の解答とまとめ

保険に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで9日② 平成27年の過去問 問34

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、②です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 賃貸不動産の経営における危険を軽減・分散するための重要な方策の1つに保険の利用があります。
  • 賃貸不動産の経営においては、第二分野(損害保険)が最も有効な保険となります。
  • 住宅火災保険・住宅総合保険は、火災・落雷・風災・ひょう災等による住宅や家財の損害の全部又は一部を補償の対象とするものです。
  • 地震保険は、住宅に関する火災保険に付帯して加入することにより、地震・噴火・津波を原因とする火災や損壊等による損害を補償する保険です。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年(2015年)の過去問

平成27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、25点。 受験者数 4,908人 合格者数 2,679人 合格率 54. ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.