賃貸不動産経営管理士

不動産業に関する問題 令和2年の過去問 問1 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで226日

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで226日

不動産業に関する問題 令和2年の過去問 問1 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで226日

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで226日。

まだ、今日の時点で発表はされていませんが、多分11月3週目の日曜日(11月21日)に「賃貸不動産経営管理士」の試験が行われると思います。

今日から令和2年の過去問を解いていきます。

ぶた
因みに私は、去年初めて「賃貸不動産経営管理士」の試験を受験して無事に合格することができました。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年の過去問 問1

【問 1】 不動産業に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 日本標準産業分類(平成 25 年 10 月改定)によれば、賃貸住宅管理業は、不動産賃貸業・管理業に区分される。
  2. 賃貸住宅管理業を分譲マンション管理業と比較すると、管理の委託者、管理を行う建物の範囲に違いがある一方、ビル管理業と比較すると、管理する建物の用途が異なるだけで、管理業務の内容に違いはない。
  3. 「不動産業ビジョン 2030~令和時代の『不動産最適活用』に向けて~」(国土交通省平成 31 年4月 24 日公表)は、ストック型社会の実現に向けて、今後、不動産管理業者は、『不動産最適活用』を根源的に支える役割を担うと位置づけた。
  4. 人口減少・成熟型社会の不動産賃貸業・管理業では、入居者の入れ替えに伴って得られる新規入居者からの一時金収入、賃料引上げや手数料収入に期待する考え方ではなく、できるだけ優良な借主に長く借りてもらうことが大切になっている。
まろ
不動産業に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.日本標準産業分類(平成 25 年 10 月改定)によれば、賃貸住宅管理業は、不動産賃貸業・管理業に区分される。

そのままです。

日本標準産業分類(平成 25 年 10 月改定)によれば、賃貸住宅管理業は、不動産賃貸業・管理業に区分されています。

その為、選択肢①は正しいです。

2.賃貸住宅管理業を分譲マンション管理業と比較すると、管理の委託者、管理を行う建物の範囲に違いがある一方、ビル管理業と比較すると、管理する建物の用途が異なるだけで、管理業務の内容に違いはない。

賃貸住宅管理業は、賃貸物件のオーナー様の賃貸経営を支えるのに対して、分譲マンション管理業やビル管理業は建物の維持管理になりますので管理業務の内容が違います。

分譲マンション管理業とビル管理業の業務の内容は似ていますが、賃貸住宅管理業は違います。

その為、選択肢②は誤っています。

3.「不動産業ビジョン 2030~令和時代の『不動産最適活用』に向けて~」(国土交通省平成 31 年4月 24 日公表)は、ストック型社会の実現に向けて、今後、不動産管理業者は、『不動産最適活用』を根源的に支える役割を担うと位置づけた。

そのままです。

「不動産業ビジョン 2030~令和時代の『不動産最適活用』に向けて~」(国土交通省平成 31 年4月 24 日公表)は、ストック型社会の実現に向けて、今後、不動産管理業者は、『不動産最適活用』を根源的に支える役割を担うと位置づけています。

その為、選択肢③は正しいです。

4.人口減少・成熟型社会の不動産賃貸業・管理業では、入居者の入れ替えに伴って得られる新規入居者からの一時金収入、賃料引上げや手数料収入に期待する考え方ではなく、できるだけ優良な借主に長く借りてもらうことが大切になっている。

そのままです。

人口減少・成熟型社会の不動産賃貸業・管理業では、入居者の入れ替えに伴って得られる新規入居者からの一時金収入、賃料引上げや手数料収入に期待する考え方ではなく、できるだけ優良な借主に長く借りてもらうことが大切になってきています。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年の過去問 問1の解答とまとめ

不動産業に関する問題 令和2年の過去問 問1 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで226日

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、②です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 日本標準産業分類(平成 25 年 10 月改定)によれば、賃貸住宅管理業は、不動産賃貸業・管理業に区分されています。
  • 賃貸住宅管理業は、賃貸物件のオーナー様の賃貸経営を支えるのに対して、分譲マンション管理業やビル管理業は建物の維持管理になります。
  • 「不動産業ビジョン 2030~令和時代の『不動産最適活用』に向けて~」(国土交通省平成 31 年4月 24 日公表)は、ストック型社会の実現に向けて、今後、不動産管理業者は、『不動産最適活用』を根源的に支える役割を担うと位置づけています。
  • 人口減少・成熟型社会の不動産賃貸業・管理業では、入居者の入れ替えに伴って得られる新規入居者からの一時金収入、賃料引上げや手数料収入に期待する考え方ではなく、できるだけ優良な借主に長く借りてもらうことが大切になってきています。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年(2020年)の過去問

令和2年(2020年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 令和2年(2020年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、34点。 合格ライン(合否判定基準)は、50問中34問以上正解した方(管理 ...

続きを見る








2021年度賃貸不動産経営管理士講座提供開始!!



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.