賃貸不動産経営管理士

建築構造に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで6日 平成27年の過去問 問38

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで6日

建築構造に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで6日 平成27年の過去問 問38

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで6日。

平成27年の過去問 問37でしたが統計の問題で5年前の物ですので、現在と状況が変わっていますので飛ばします。

5問免除の講習を受講していれば関係のない問題です。

因みに、問38も5問免除の範囲に含まれています。

今日は、建築構造に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問 問38

【問 38】建築構造に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. ラーメン構造は、柱と梁を一体化した骨組構造である。
  2. 壁式構造は、壁体や床板で構成する構造方式である。
  3. 制震構造は、基礎と建物本体との間にクッションを設け、地震による揺れを低減させる構造である。
  4. 基礎とは、上部の建物に加わる力を地盤に伝える部分である。
ぶた
建築構造に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.ラーメン構造は、柱と梁を一体化した骨組構造である。

そのままです。

ラーメン構造は、柱と梁を一体化した骨組構造です。

その為、選択肢①は正しいです。

2.壁式構造は、壁体や床板で構成する構造方式である。

そのままです。

壁式構造は、壁体や床板で構成する構造方式です。

その為、選択肢②は正しいです。

3.制震構造は、基礎と建物本体との間にクッションを設け、地震による揺れを低減させる構造である。

「制震構造」は、建物に入った地震力を吸収するダンパー等を設置する手法です。

基礎と建物本体との間にクッションを設け、地震による揺れを低減させる構造のことを、「免震構造」といいます。

その為、選択肢③は誤っています。

4.基礎とは、上部の建物に加わる力を地盤に伝える部分である。

そのままです。

基礎とは、上部の建物に加わる力を地盤に伝える部分です。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問38の解答とまとめ

建築構造に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで6日 平成27年の過去問 問38

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、③です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • ラーメン構造は、柱と梁を一体化した骨組構造です。
  • 壁式構造は、壁体や床板で構成する構造方式です。
  • 「制震構造」は、建物に入った地震力を吸収するダンパー等を設置する手法です。
  • 基礎と建物本体との間にクッションを設け、地震による揺れを低減させる構造のことを、「免震構造」といいます。
  • 基礎とは、上部の建物に加わる力を地盤に伝える部分です。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年(2015年)の過去問

平成27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、25点。 受験者数 4,908人 合格者数 2,679人 合格率 54. ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.