賃貸不動産経営管理士

住環境の整備、防犯対策に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年問26の過去問

更新日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで108日

住環境の整備、防犯対策に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで108日 令和元年問26の過去問

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで108日。

今日は、住環境の整備、防犯対策に関する問題です。

あまりこのジャンルに知識が無いので、いろいろなサイトを見ながら解答をします。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年26の過去問

【問 26】 住環境の整備、防犯対策に関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。

  • ア 都道府県及び市町村が定める耐震改修促進計画に記載された道路にある1981(昭和 56)年以前に設置された塀のうち、高さが前面道路中心線からの距離の 1/2.5 倍を超えるもので、長さが 25mを越える塀の所有者は、耐震診断結果を各自治体が計画で定める期間内に報告しなければならない。
  • イ 入居希望者に鍵の暗証番号を伝え、管理業者が立会うことなく室内を内見させることは、空室が犯罪に利用されることにつながる可能性があるため、慎むべきである。
  • ウ 火災発生時に避難通路がふさがれていると、脱出が阻害されるため、ベランダの物置、廊下の自転車、階段や踊り場のダンボールなどを見つけたら、即座に撤去を求めるべきである。
  1. なし
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
ぶた
難易度高い個数問題です。選択肢の数が3個に減っていますが、全部適切(正しい)とか全部誤っているとかは、全部の選択肢の内容を理解していないと答えにくいですね。

ア 都道府県及び市町村が定める耐震改修促進計画に記載された道路にある1981(昭和 56)年以前に設置された塀のうち、高さが前面道路中心線からの距離の 1/2.5 倍を超えるもので、長さが 25mを越える塀の所有者は、耐震診断結果を各自治体が計画で定める期間内に報告しなければならない。

そのままです。

都道府県及び市町村が定める耐震改修促進計画に記載された道路にある昭和56年以前に設置された塀のうち、高さが前面道路中心線からの距離の1/2.5 倍を超えるもので、長さが25mを越える塀の所有者は、耐震診断結果を各自治体が計画で定める期間内に報告しなければなりません。

その為、選択肢アは正しいです。

イ 入居希望者に鍵の暗証番号を伝え、管理業者が立会うことなく室内を内見させることは、空室が犯罪に利用されることにつながる可能性があるため、慎むべきである。

そのままです。

賃貸物件の内見希望者に鍵の場所や鍵の暗証番号等を伝えて、仲介業者(不動産屋等)が立会うことがなく内見をさせた場合、鍵の開け方が分かってしまってる空室が犯罪に利用される場合がありますので、しない方がいいです。

その為、選択肢イは正しいです。

ウ 火災発生時に避難通路がふさがれていると、脱出が阻害されるため、ベランダの物置、廊下の自転車、階段や踊り場のダンボールなどを見つけたら、即座に撤去を求めるべきである。

そのままです。

賃貸物件の共用部にものを置かれた場合、火災発生等緊急時の避難に障害がでます。共有部(ベランダや共用通路、廊下、階段)にいろいろなものを置かれた場合は、即座に撤去を求めるべきです。

その為、選択肢ウは正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年問26の解答とまとめ

住環境の整備、防犯対策に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで108日 令和元年問26の過去問

選択肢のアからウの3つ全てが適切(正しい)な為、3つの④が解答となります。

一番選びにくい、なし又は3つが答えとなっていました。

人間の心理上、このような問題ですので一つぐらいは、誤っているものがあると思ってしまいますね。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 都道府県及び市町村が定める耐震改修促進計画に記載された道路にある昭和56年以前に設置された塀のうち、高さが前面道路中心線からの距離の1/2.5 倍を超えるもので、長さが25mを越える塀の所有者は、耐震診断結果を各自治体が計画で定める期間内に報告しなければなりません。
  • 賃貸物件の内見希望者に鍵の場所や鍵の暗証番号等を伝えて内見してもらうのは、空室を犯罪に使われる可能性がありますので慎むべきです。
  • 共有部(ベランダや共用通路、廊下、階段)に物を置かれると緊急時の避難に影響が出ますので、即座に撤去求めるべきです。
まろ
選択肢のイとウは普通に考えて理解できそうです。

選択肢のアは、昭和56年以前の塀の問題です。昭和56年6月1日に建築法改正があり、耐震の基準が変わりました。旧耐震の基準で高さが前面道路中心線からの距離の1/2.5 倍を超えるもので、長さが25mを越える塀の所有者は、耐震診断結果を各自治体が計画で定める期間内に報告しないといけません。まー旧耐震の基準の物は、耐震診断をして自治体に報告をしないといけないと覚えておきましょう。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年(2019年)の過去問

令和元年(2019年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 令和元年(2019年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、29点。 合格ライン(合否判定基準)は、40問中29問以上正解した方(管理 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.