賃貸不動産経営管理士

建築構造に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日② 平成28年の過去問 問38

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日②

建築構造に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日② 平成28年の過去問 問38

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日②。

今日の2問目は、建築構造に関する問題です。

多分、このあたりの問題は、宅地建物取引士の試験もそうですが5問免除の講習を受けたら免除される項目になります。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問 問38

【問 38】建築構造に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 木造は、建物の重量が軽く、施工もしやすいが、防火、耐火性能において他の建築構造より劣る。
  2. 鉄筋コンクリート造は、建物の重量が重いため、地震による影響が大きい。
  3. 鉄骨造は、鋼材の加工性が良く、工期は比較的短く、省力化が可能である。
  4. 鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造より施工がしやすく、工期も短い。
ぶた
建築構造に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.木造は、建物の重量が軽く、施工もしやすいが、防火、耐火性能において他の建築構造より劣る。

そのままです。

木造は、建物の重量が軽く、施工もしやすいが、防火、耐火性能において他の建築構造より劣ります。

その為、選択肢①は正しいです。

2.鉄筋コンクリート造は、建物の重量が重いため、地震による影響が大きい。

そのままです。

鉄筋コンクリート造は、建物の重量が重いため、地震による影響が大きくなります。

その為、選択肢②は正しいです。

3.鉄骨造は、鋼材の加工性が良く、工期は比較的短く、省力化が可能である。

そのままです。

鉄骨造は、鋼材の加工性が良く、工期は比較的短く、省力化が可能です。

その為、選択肢③は正しいです。

4.鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造より施工がしやすく、工期も短い。

鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造より施工がしにくく、工期も長いといえます。

その為、選択肢④は誤っています。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問38の解答とまとめ

建築構造に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日② 平成28年の過去問 問38

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、④です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 木造は、建物の重量が軽く、施工もしやすいが、防火、耐火性能において他の建築構造より劣ります。
  • 鉄筋コンクリート造は、建物の重量が重いため、地震による影響が大きくなります。
  • 鉄骨造は、鋼材の加工性が良く、工期は比較的短く、省力化が可能です。
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造より施工がしにくく、工期も長いといえます。

令和元年 建物の構造・工法に関する問題はこちら

建物の構造・工法に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年39の過去問

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで96日③ 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで96日③。 お盆休みの折り返しです。 16日までのあと3日でお盆休みが終了しますが、コロナの影響でどこにも行くことができな ...

続きを見る

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年(2016年)の過去問

平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、28点。 受験者数 13,149人 合格者数 7,350人 合格率 5 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.