賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士が行うべき業務に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年2の過去問

更新日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで97日③

賃貸不動産経営管理士が行うべき業務に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで97日③ 令和元年2の過去問

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで97日③。

賃貸住宅管理業者登録制度(平成 23 年9月 30 日国土交通省告示第 998 号及び第 999 号、平成 28 年8月 12 日国土交通省告示第 927 号及び第 928 号改正。以下、各問において「賃貸住宅管理業者登録制度」という。)により賃貸不動産経営管理士が行うべき業務に関する問題です。

賃貸不動産経営管理士が行うべき業務は、何かという問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年2の過去問

【問 2】 賃貸住宅管理業者登録制度(平成 23 年9月 30 日国土交通省告示第 998 号及び第 999 号、平成 28 年8月 12 日国土交通省告示第 927 号及び第 928 号改正。以下、各問において「賃貸住宅管理業者登録制度」という。)により賃貸不動産経営管理士が行うべき業務に関する次の記述のうち、最も適切なものの組合せはどれか。

  • ア 貸主に対する重要事項説明
  • イ 貸主に対する重要事項説明のための書面への記名押印
  • ウ 貸主との契約における契約書面への記名押印
  1. ア、イ
  2. ア、ウ
  3. イ、ウ
  4. ア、イ、ウ
ぶた
最も適切なもの(正しいもの)の組み合わせて選ぶ問題です。

賃貸不動産経営管理士が行うべき業務とは

賃貸不動産経営管理士が行うべき業務に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで97日③ 令和元年2の過去問

賃貸不動産経営管理士の業務は、賃貸不動産の貸主(オーナー様)と管理会社が管理契約を結ぶときの重要事項説明及び重要事項説明書への記名押印、管理契約への記名押印です。

その為、アとイとウの選択肢はすべてが正しくなりますので、答えは選択肢④となります。

宅地建物取引士と賃貸不動産経営管理士と管理業務主任者の違い

不動産系の資格で有名な資格がこのあたりです。

10年ほど前に、失業保険の職業訓練で宅地建物取引士と管理業務主任者の勉強を少ししましたので解説をします。マンション管理士についても少し聞きましたが、詳しく勉強をしていないので省かせていただきます。

宅地建物取引士とは、

宅地建物取引士は、字のごとく宅地や建物を取引する場合、貸主・売主と買主・借主の間に入って仲介する時等に買主・借主の方に重要事項説明書(35条書面)の説明及び重要事項説明書(35条書面)への記名押印、契約書(37条書面)への記名押印が業務となります。

いろいろ内容を省きますが、宅地建物取引士の資格は貸主・売主と買主・借主の不動産の契約の時に必要となります。

賃貸不動産経営管理士とは、

賃貸不動産経営管理士は、賃貸物件の貸主と賃貸管理会社の賃貸管理契約の時の重要事項説明及び重要事項説明書への記名押印、管理契約への記名押印が業務となります。

管理業務主任者とは、

管理業務主任者は、うろ覚えなのですが、分譲マンションの管理組合と分譲マンションの管理業者が管理の契約をする時の重要事項説明及び重要事項説明書への記名押印、管理契約への記名押印が業務となります。

まろ
契約の内容が違うのは当然ですが、契約をする立場の人によっていろいろな法律の制限がありいろいろな資格を取らないと契約を締結することができません。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年(2019年)の過去問

令和元年(2019年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 令和元年(2019年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、29点。 合格ライン(合否判定基準)は、40問中29問以上正解した方(管理 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.