賃貸不動産経営管理士

計画修繕に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで77日 平成30年の過去問 問39

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで77日

計画修繕に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで77日 平成30年の過去問 問39

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで77日。

今日は、計画修繕に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成30年の過去問 問39

【問 39】 計画修繕に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。
  2. 計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査した上で状況を把握することが重要である。
  3. 修繕工事は、日常生活の中で行われる工事であるため、騒音や振動により居住者等に迷惑をかける問題があり、配慮しなければならない。
  4. 計画修繕を実施していくためには、長期修繕計画を策定する必要があるが、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要はない。
ぶた
最も不適切なもの(誤っているもの)を選ぶ問題です。

1.中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。

そのままです。

選択肢①は正しいです。

2.計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査した上で状況を把握することが重要である。

そのままです。

選択肢②は正しいです。

3.修繕工事は、日常生活の中で行われる工事であるため、騒音や振動により居住者等に迷惑をかける問題があり、配慮しなければならない。

そのままです。

選択肢③は正しいです。

4.計画修繕を実施していくためには、長期修繕計画を策定する必要があるが、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要はない。

計画修繕を確実に実施するためには資金的裏付けが必要であり、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要があります。

その為、選択肢④は誤っています。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成30年の過去問 問39の解答とまとめ

計画修繕に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで77日 平成30年の過去問 問39

誤っているものの選択肢は④です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。
  • 計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査した上で状況を把握することが重要である。
  • 修繕工事は、日常生活の中で行われる工事であるため、騒音や振動により居住者等に迷惑をかける問題があり、配慮しなければならない。
  • 計画修繕を確実に実施するためには資金的裏付けが必要であり、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要があります。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成30年(2018年)の過去問

平成30年(2018年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成30年(2018年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、29点。 合格ライン(合否判定基準)は、40問中29問以上正解した方( ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.