賃貸不動産経営管理士

鍵の管理に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで48日② 平成28年の過去問 問26

更新日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで48日②

鍵の管理に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで48日② 平成28年の過去問 問26

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで48日②。

今日の2問目は、鍵の管理に関する問題です。

宅地建物取引士の試験では出題されないジャンルで、「賃貸不動産経営管理士」ならではの問題となります。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問 問26

【問 26】鍵の管理に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 前の借主が使っていた鍵を交換しないまま新しい借主に物件を引き渡すと、盗難等のトラブルの原因となることがある。
  2. ロータリー(U9)シリンダー鍵は、以前は広く普及していたが、ピッキング被害が増加したため、現在は製造が中止されている。
  3. 何らかの方法で鍵を入手し、盗難品の受渡しを行う等、空室の賃貸住宅が犯罪に利用されるケースが発生している。
  4. 管理業者にて賃貸不動産の鍵を保管せず、万一のときには専門の解錠業者に解錠させるという賃貸管理の方法もある。
ぶた
鍵の管理に関して、誤っているものの選択肢を選ぶ問題です。

1.前の借主が使っていた鍵を交換しないまま新しい借主に物件を引き渡すと、盗難等のトラブルの原因となることがある。

そのままです。

前の借主が使っていた鍵を交換しないまま新しい借主に物件を引き渡すと、盗難等のトラブルの原因となることがあります。

その為、選択肢①は正しいです。

2.ロータリー(U9)シリンダー鍵は、以前は広く普及していたが、ピッキング被害が増加したため、現在は製造が中止されている。

ロータリー(U9)シリンダー鍵は、現在一番普及している鍵となります。

なお、以前は広く普及していたが、現在は製造が中止されているのは、「ディスクシリンダー」です。

その為、選択肢②は誤っています。

3.何らかの方法で鍵を入手し、盗難品の受渡しを行う等、空室の賃貸住宅が犯罪に利用されるケースが発生している。

そのままです。

何らかの方法で鍵を入手し、盗難品の受渡しを行う等、空室の賃貸住宅が犯罪に利用されるケースが発生しています。

その為、選択肢③は正しいです。

4.管理業者にて賃貸不動産の鍵を保管せず、万一のときには専門の解錠業者に解錠させるという賃貸管理の方法もある。

そのままです。

最近増えてきていますが、管理業者にて賃貸不動産の鍵を保管せず、万一のときには専門の解錠業者に解錠させるという賃貸管理の方法もあります。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問26の解答とまとめ

鍵の管理に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで48日② 平成28年の過去問 問26

誤っているものの選択肢は、②です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 前の借主が使っていた鍵を交換しないまま新しい借主に物件を引き渡すと、盗難等のトラブルの原因となることがあります。
  • ロータリー(U9)シリンダー鍵は、現在一番普及している鍵です。
  • 何らかの方法で鍵を入手し、盗難品の受渡しを行う等、空室の賃貸住宅が犯罪に利用されるケースが発生しています。
  • 最近増えてきていますが、管理業者にて賃貸不動産の鍵を保管せず、万一のときには専門の解錠業者に解錠させるという賃貸管理の方法もあります。

平成30年 鍵の管理に関する問題はこちら

鍵の管理に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで84日② 平成30年の過去問 問26

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで84日② 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで84日②。 今日の2問目は、鍵の管理に関する問題です。 「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成30年の過去問 問26 【問 ...

続きを見る

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年(2016年)の過去問

平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、28点。 受験者数 13,149人 合格者数 7,350人 合格率 5 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.