賃貸不動産経営管理士

住環境の整備に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで67日 平成29年の過去問 問25

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで67日

住環境の整備に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで67日 平成29年の過去問 問25

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで67日。

今日は、住環境の整備に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 問25

【問 25】 住環境の整備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 台風シーズン前にはドレイン回りの掃除を行うべきである。
  2. 除草剤の散布に当たっては、入居者などはもとより、近隣へも事前通知を行い、洗濯物やペットの室内への一時移動など協力を求めるべきである。
  3. 電球の交換やほこりの拭き取り等、脚立を要する作業は、2名以上で行うべきである。
  4. 建物共用部分に入居者が物を置いていると緊急時の避難の妨げになるため、直ちに撤去すべきである。
ぶた
住環境の整備に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.台風シーズン前にはドレイン回りの掃除を行うべきである。

そのままです。

台風シーズン前には、排水の詰まりなどで水害が出ない様にドレイン回りの掃除をするべきです。(試験上)

その為、選択肢①は正しいです。

実務上は、行ったことはありません。

2.除草剤の散布に当たっては、入居者などはもとより、近隣へも事前通知を行い、洗濯物やペットの室内への一時移動など協力を求めるべきである。

そのままです。

除草剤の散布をするときは、入居者などはもとより近隣へも事前通知を行い、洗濯物やペットの室内への一時移動など協力を求めることが必要です。

駐車場の場合は、除草剤が車に掛からないように気を付けないといけません。

その為、選択肢②は正しいです。

3.電球の交換やほこりの拭き取り等、脚立を要する作業は、2名以上で行うべきである。

そのままです。

電球の交換やほこりの拭き取り等、脚立を要する作業は、2名以上で行うべきである。(試験上)

その為、選択肢③は正しいです。

実務上は、電球の交換は一人で行って交換してきます。

4.建物共用部分に入居者が物を置いていると緊急時の避難の妨げになるため、直ちに撤去すべきである。

建物共用部分に入居者が物を置いていると緊急時の避難の妨げになりますが、管理業者は荷物を直ちに撤去する事はできません。

入居者の物になりますので、事前の告知等をすることなく、管理業者が撤去した場合には、損害賠償責任を負うおそれもあります。

その為、選択肢④は誤っています。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問25の解答とまとめ

住環境の整備に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで67日 平成29年の過去問 問25

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、④です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 台風シーズン前にはドレイン回りの掃除を行うべきである。
  • 除草剤の散布に当たっては、入居者などはもとより、近隣へも事前通知を行い、洗濯物やペットの室内への一時移動など協力を求めるべきである。
  • 電球の交換やほこりの拭き取り等、脚立を要する作業は、2名以上で行うべきである。
  • 建物共用部分に入居者が物を置いていると緊急時の避難の妨げになるため、入居者に事前の告知等して撤去してもらいます。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年(2017年)の過去問

平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、27点。 受験者数 16,624人 合格者数 8,033人 合格率 4 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.