賃貸不動産経営管理士

空き家と賃貸不動産管理の関係に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日 平成28年の過去問 問37

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日

空き家と賃貸不動産管理の関係に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日 平成28年の過去問 問37

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日。

今日は、空き家と賃貸不動産管理の関係に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問 問37

【問 37】空き家と賃貸不動産管理の関係に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 不動産の有効活用という問題に加え、周辺地域の防災や防犯等の観点からもさまざまな問題が生じていることを認識する必要がある。
  2. 賃貸不動産経営管理士は、空き家の現状や空き家政策の動向を注視し、空き家オーナーに対する最良のアドバイスができるよう研鑽することが期待される。
  3. 空家等対策の推進に関する特別措置法の適用対象となる特定空家等には、賃貸住宅が含まれないので、管理業者として独自の対応が必要である。
  4. 空き家の活用策には、転用も含まれるので、賃貸経営の経験がない空き家オーナーに対して管理業者として積極的に助言することが期待される。
ぶた
空き家と賃貸不動産管理の関係に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.不動産の有効活用という問題に加え、周辺地域の防災や防犯等の観点からもさまざまな問題が生じていることを認識する必要がある。

そのままです。

空き家は、不動産の有効活用という問題に加え、周辺地域の防災や防犯等の観点からもさまざまな問題が生じていることを認識する必要があります。

空き家のままだと、放火や犯罪等に利用されることがあります。

その為、選択肢①は正しいです。

2.賃貸不動産経営管理士は、空き家の現状や空き家政策の動向を注視し、空き家オーナーに対する最良のアドバイスができるよう研鑽することが期待される。

そのままです。

賃貸不動産経営管理士は、空き家の現状や空き家政策の動向を注視し、空き家オーナーに対する最良のアドバイスができるよう研鑽することが期待されています。

その為、選択肢②は正しいです。

3.空家等対策の推進に関する特別措置法の適用対象となる特定空家等には、賃貸住宅が含まれないので、管理業者として独自の対応が必要である。

空家等対策の推進に関する特別措置法の適用対象には、賃貸住宅は除外されていません。

賃貸住宅も「特定空家等」に該当することがあります。

その為、選択肢③は誤っています。

4.空き家の活用策には、転用も含まれるので、賃貸経営の経験がない空き家オーナーに対して管理業者として積極的に助言することが期待される。

そのままです。

空き家の活用策には、転用も含まれるので、賃貸経営の経験がない空き家オーナーに対して管理業者として積極的に助言することが期待されています。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問37の解答とまとめ

空き家と賃貸不動産管理の関係に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで41日 平成28年の過去問 問37

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、③です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 空き家は、不動産の有効活用という問題に加え、周辺地域の防災や防犯等の観点からもさまざまな問題が生じていることを認識する必要があります。
  • 賃貸不動産経営管理士は、空き家の現状や空き家政策の動向を注視し、空き家オーナーに対する最良のアドバイスができるよう研鑽することが期待されています。
  • 空家等対策の推進に関する特別措置法の適用対象には、賃貸住宅は除外されていません。
  • 空き家の活用策には、転用も含まれるので、賃貸経営の経験がない空き家オーナーに対して管理業者として積極的に助言することが期待されています。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年(2016年)の過去問

平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、28点。 受験者数 13,149人 合格者数 7,350人 合格率 5 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.