賃貸不動産経営管理士

賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで73日 平成29年の過去問 問7

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで73日

賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで73日 平成29年の過去問 問7

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで73日。

今日は、賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 問7

【問 7】 賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 賃貸借契約の更新に係る事務は基幹事務であるが、賃貸借契約の終了に係る事務は基幹事務ではない。
  2. 賃貸住宅の建物・設備の保守点検に係る事務は基幹事務ではない。
  3. 家賃保証会社が行う事務は基幹事務に当たることはない。
  4. 賃貸住宅を転貸する賃貸住宅管理業者(サブリース業者)が、貸主として転借人(入居者)から家賃、敷金等を受領する事務は基幹事務ではない。
ぶた
正しいものの選択肢を選ぶ問題です。

1.賃貸借契約の更新に係る事務は基幹事務であるが、賃貸借契約の終了に係る事務は基幹事務ではない。

賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務は、家賃・敷金の受領事務・契約更新事務・契約終了事務の3つです。

賃貸借契約の終了に係る事務も基幹事務になります。

その為、選択肢①は誤っています。

2.賃貸住宅の建物・設備の保守点検に係る事務は基幹事務ではない。

賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務は、家賃・敷金の受領事務・契約更新事務・契約終了事務の3つです。

賃貸住宅の建物・設備の保守点検に係る事務は、賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に含まれていません。

その為、選択肢②は正しいです。

3.家賃保証会社が行う事務は基幹事務に当たることはない。

家賃保証会社が行う事務であっても、基幹事務に該当することがあります。

家賃保証会社が家賃を集金して、貸主に送金する事務は「家賃・敷金の受領事務」に該当するので、基幹事務に当たります。

その為、選択肢③は誤っています。

4.賃貸住宅を転貸する賃貸住宅管理業者(サブリース業者)が、貸主として転借人(入居者)から家賃、敷金等を受領する事務は基幹事務ではない。

サブリース方式の賃貸契約でも、「家賃・敷金の受領事務」は、賃貸住宅管理業者(サブリース業者)の基幹事務に該当します。

その為、選択肢④は誤っています。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 問7の解答とまとめ

賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで73日 平成29年の過去問 問7

正しいものの選択肢は②です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務は、家賃・敷金の受領事務・契約更新事務・契約終了事務の3つです。
  • 賃貸住宅の建物・設備の保守点検に係る事務は、賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に含まれていません。
  • 家賃保証会社が行う事務であっても、基幹事務に該当することがあります。家賃保証会社が家賃を集金して、貸主に送金する事務は「家賃・敷金の受領事務」に該当するので、基幹事務に当たります
  • サブリース方式の賃貸契約でも、「家賃・敷金の受領事務」は、賃貸住宅管理業者(サブリース業者)の基幹事務に該当します。

令和元年の賃貸住宅管理業者の基幹業務に関する問題はこちら。

賃貸住宅管理業者の基幹業務に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年問3の過去問 

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで129日 令和2年の賃貸不動産経営管理士の試験に向けて今日から過去問を解いていくことにします。 「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年問3の過去問 【問 3】 賃貸 ...

続きを見る

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年(2017年)の過去問

平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、27点。 受験者数 16,624人 合格者数 8,033人 合格率 4 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.