賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産管理の意義に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで39日 平成27年の過去問 問1

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで39日

賃貸不動産管理の意義に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで39日 平成27年の過去問 問1

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで39日。

試験まで40日を切り、今日から平成27年の過去問になります。

1問目は、賃貸不動産管理の意義に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問 問1

【問 1】賃貸不動産の管理は、誰のために、どのように行っていくべきかに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 投資家を含めた貸主の収益安定が最大限求められる時代の中で形成されてきた賃貸不動産管理の概念を踏まえれば、投資家を含めた貸主の賃貸経営のためという視点を基本にすえるべきである。
  2. 賃貸不動産の適切な利用が促進されることは、入居者・利用者の利益でもあるので、貸主の利益のみならず、入居者・利用者にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきである。
  3. 賃貸不動産は、不動産として、その周辺の環境や街並み形成等に資するものとして、広く公共の福祉にも貢献するものであるので、貸主の利益だけでなく、地域社会との関係にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきである。
  4. もともと賃貸不動産の管理は、貸主の賃貸経営のためという視点が強調されてきた経緯があるので、今日においても、貸主からの委託に基づき、賃料収納を中心に、もっぱら貸主の利益を確保するために行うべきである。
ぶた
賃貸不動産の管理は、誰のために、どのように行っていくべきかに関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.投資家を含めた貸主の収益安定が最大限求められる時代の中で形成されてきた賃貸不動産管理の概念を踏まえれば、投資家を含めた貸主の賃貸経営のためという視点を基本にすえるべきである。

そのままです。

貸主の収益安定が最大限求められる時代の中で形成されてきた経緯を踏まえれば、投資家を含めた貸主の賃貸経営のためという視点を基本にすえるべきです。

その為、選択肢①は正しいです。

2.賃貸不動産の適切な利用が促進されることは、入居者・利用者の利益でもあるので、貸主の利益のみならず、入居者・利用者にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきである。

そのままです。

賃貸不動産の適切な利用が促進されることは、入居者・利用者の利益でもあるので、貸主の利益のみならず、入居者・利用者にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきです。

その為、選択肢②は正しいです。

3.賃貸不動産は、不動産として、その周辺の環境や街並み形成等に資するものとして、広く公共の福祉にも貢献するものであるので、貸主の利益だけでなく、地域社会との関係にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきである。

そのままです。

賃貸不動産は、不動産として、その周辺の環境や街並み形成等に資するものとして、広く公共の福祉にも貢献するものであるので、貸主の利益だけでなく、地域社会との関係にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきです。

その為、選択肢③は正しいです。

4.もともと賃貸不動産の管理は、貸主の賃貸経営のためという視点が強調されてきた経緯があるので、今日においても、貸主からの委託に基づき、賃料収納を中心に、もっぱら貸主の利益を確保するために行うべきである。

賃貸不動産管理は、貸主の賃貸経営のためという視点が強調されてきた経緯がありますが、今日においては、貸主の利益だけを確保するために行うべきとはいえません。借主等の利益も考える必要があります。

その為、選択肢④は誤っています。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問1の解答とまとめ

賃貸不動産管理の意義に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで39日 平成27年の過去問 問1

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、④です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 貸主の収益安定が最大限求められる時代の中で形成されてきた経緯を踏まえれば、投資家を含めた貸主の賃貸経営のためという視点を基本にすえるべきです。
  • 賃貸不動産の適切な利用が促進されることは、入居者・利用者の利益でもあるので、貸主の利益のみならず、入居者・利用者にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきです。
  • 賃貸不動産は、不動産として、その周辺の環境や街並み形成等に資するものとして、広く公共の福祉にも貢献するものであるので、貸主の利益だけでなく、地域社会との関係にも配慮した賃貸不動産管理を行うべきです。
  • 賃貸不動産管理は、貸主の賃貸経営のためという視点が強調されてきた経緯がありますが、今日においては、貸主の利益だけを確保するために行うべきとはいえません。借主等の利益も考える必要があります。

平成30年 管理業者の社会的責務と役割に関する問題はこちら

管理業者の社会的責務と役割に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで95日 平成30年の過去問 問1

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで95日 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで95日。 昨日で、令和元年の「賃貸不動産経営管理士」の試験の過去問が終わりましたので、今日から平成30年の過去問になります。 ...

続きを見る

平成29年 賃貸不動産管理の意義に関する問題はこちら

賃貸不動産管理の意義に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで59日 平成28年の過去問 問1

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで59日 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで59日。 今日から平成28年(2016年)の過去問になります。 第一問目は、賃貸不動産管理の意義に関する問題です。 「賃貸不 ...

続きを見る

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年(2015年)の過去問

平成27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、25点。 受験者数 4,908人 合格者数 2,679人 合格率 54. ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.