賃貸不動産経営管理士

シックハウスに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日 平成27年の過去問 問29

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日

シックハウスに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日 平成27年の過去問 問29

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日。

今日は、シックハウスに関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問 問29

【問 29】シックハウスに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 建築基準法改正により、シックハウス対策の規定が平成15年7月1日以降に着工される居室のある建築物に適用されるようになった。
  2. 建築基準法上のシックハウス対策の規定は、中古住宅の増築や改築を行う場合には適用されない。
  3. 建築基準法上のシックハウス対策の規定により、居室を有する建築物を建築する場合には、クロルピリホス及びホルムアルデヒドを含む建築材料の使用制限を受ける。
  4. 持ち込まれた家具からホルムアルデヒド等の化学物質が発散される可能性がある。
ぶた
シックハウスに関して、誤っているものの選択肢を選ぶ問題です。

1.建築基準法改正により、シックハウス対策の規定が平成15年7月1日以降に着工される居室のある建築物に適用されるようになった。

そのままです。

建築基準法改正により、シックハウス対策の規定が平成15年7月1日以降に着工される居室のある建築物に適用されるようになりました。

その為、選択肢①は正しいです。

2.建築基準法上のシックハウス対策の規定は、中古住宅の増築や改築を行う場合には適用されない。

建築基準法上のシックハウス対策の規定は、新築住宅だけではなく、中古住宅の増築や改築を行う場合にも適用されます。

その為、選択肢②は誤っています。

3.建築基準法上のシックハウス対策の規定により、居室を有する建築物を建築する場合には、クロルピリホス及びホルムアルデヒドを含む建築材料の使用制限を受ける。

そのままです。

建築基準法上のシックハウス対策の規定により、居室を有する建築物を建築する場合には、クロルピリホス及びホルムアルデヒドを含む建築材料の使用制限を受けます。

その為、選択肢③は正しいです。

4.持ち込まれた家具からホルムアルデヒド等の化学物質が発散される可能性がある。

そのままです。

持ち込まれた家具からホルムアルデヒド等の化学物質が発散される可能性があります。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問29の解答とまとめ

シックハウスに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日 平成27年の過去問 問29

誤っているものの選択肢は、②です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 建築基準法改正により、シックハウス対策の規定が平成15年7月1日以降に着工される居室のある建築物に適用されるようになりました。
  • 建築基準法上のシックハウス対策の規定は、新築住宅だけではなく、中古住宅の増築や改築を行う場合にも適用されます。
  • 建築基準法上のシックハウス対策の規定により、居室を有する建築物を建築する場合には、クロルピリホス及びホルムアルデヒドを含む建築材料の使用制限を受けます。
  • 持ち込まれた家具からホルムアルデヒド等の化学物質が発散される可能性があります。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年(2015年)の過去問

平成27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、25点。 受験者数 4,908人 合格者数 2,679人 合格率 54. ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.