賃貸不動産経営管理士

建築物の維持管理と点検に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日② 平成27年の過去問 問30

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日②

建築物の維持管理と点検に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日② 平成27年の過去問 問30

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日②。

今日の2問目は、建築物の維持管理と点検に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問 問30

【問 30】建築物の維持管理と点検に関する記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 法定点検においては、資格者による点検作業と所轄官庁への報告が義務付けられている。
  2. 巡回点検は、管理業者が担う役割のうち重要なものではない。
  3. 貸主に対し、日常点検業務に関する費用の見積りと結果報告は必ず行わなければならない。
  4. 管理業務として建築物の点検を行う場合には、入居者からの情報を活用すべきである。
ぶた
建築物の維持管理と点検に関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.法定点検においては、資格者による点検作業と所轄官庁への報告が義務付けられている。

そのままです。

法定点検においては、資格者による点検作業と所轄官庁への報告が義務付けられています。

その為、選択肢①は正しいです。

2.巡回点検は、管理業者が担う役割のうち重要なものではない。

巡回点検は、周期を決めて行う点検であり、管理業者が担う重要な役割の一つです。

その為、選択肢②は誤っています。

3.貸主に対し、日常点検業務に関する費用の見積りと結果報告は必ず行わなければならない。

そのままです。

貸主に対し、日常点検業務に関する費用の見積りと結果報告は必ず行わなければなりません。

その為、選択肢③は正しいです。

4.管理業務として建築物の点検を行う場合には、入居者からの情報を活用すべきである。

そのままです。

管理業務として建築物の点検を行う場合には、入居者からの情報を活用すべきです。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問30の解答とまとめ

建築物の維持管理と点検に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで11日② 平成27年の過去問 問30

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、②です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 法定点検においては、資格者による点検作業と所轄官庁への報告が義務付けられています。
  • 巡回点検は、周期を決めて行う点検であり、管理業者が担う重要な役割の一つです。
  • 貸主に対し、日常点検業務に関する費用の見積りと結果報告は必ず行わなければなりません。
  • 管理業務として建築物の点検を行う場合には、入居者からの情報を活用すべきです。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年(2015年)の過去問

平成27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、25点。 受験者数 4,908人 合格者数 2,679人 合格率 54. ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.