賃貸不動産経営管理士 賃貸不動産経営管理士

賃貸住宅管理業者登録規程第12条に関する問題 令和2年の過去問 問8 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで200日

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで200日

賃貸住宅管理業者登録規程第12条に関する問題 令和2年の過去問 問8 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで200日

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで200日。

今日は、ゴールデンウイークの最終日。

明日からまた仕事が始まります。

ゴールデンウイーク明けから、宅建業の免許の更新と、賃貸住宅管理業者の登録を始めます。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年の過去問 問8

【問 8】 賃貸住宅管理業者登録規程第12条に基づき、国土交通大臣が、賃貸住宅管理業者に対し、その業務の適正な運営を確保するため必要な指導、助言及び勧告をすることができる場合として、誤っているものはどれか。

  1. 業務に関し不当な行為をしたとき。
  2. 業務に関し公正を害する行為をしたとき、又は公正を害するおそれが大であるとき。
  3. 業務に関し他の法令に違反し、賃貸住宅管理業者として不適当であると認められるとき。
  4. 賃貸住宅管理業者登録規程に違反したとき。
まろ
賃貸住宅管理業者登録規程第12条に基づき、国土交通大臣が、賃貸住宅管理業者に対し、その業務の適正な運営を確保するため必要な指導、助言及び勧告をすることができる場合、誤っているものの選択肢を選ぶ問題です。

1.業務に関し不当な行為をしたとき。

「業務に関し不正又は著しく不当な行為をしたとき」は、指導・助言・勧告の対象です。「業務に関し不当な行為をしたとき」としている本肢は、「著しく」という言葉が抜けているため、誤りです。

その為、選択肢①は誤っています。

2.業務に関し公正を害する行為をしたとき、又は公正を害するおそれが大であるとき。

「業務に関し公正を害する行為をしたとき、又は公正を害するおそれが大であるとき」は、指導・助言・勧告の対象です。

その為、選択肢②は正しいです。

3.業務に関し他の法令に違反し、賃貸住宅管理業者として不適当であると認められるとき。

「業務に関し他の法令に違反し、賃貸住宅管理業者として不適当であると認められるとき」は、指導・助言・勧告の対象です。

その為、選択肢③は正しいです。

4.賃貸住宅管理業者登録規程に違反したとき。

「賃貸住宅管理業者登録規程に違反したとき」は、指導・助言・勧告の対象です。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年の過去問 問8の解答とまとめ

賃貸住宅管理業者登録規程第12条に関する問題 令和2年の過去問 問8 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで200日

誤っているものの選択肢の①になります。

  • 「業務に関し不正又は著しく不当な行為をしたとき」は、指導・助言・勧告の対象です。
  • 「業務に関し公正を害する行為をしたとき、又は公正を害するおそれが大であるとき」は、指導・助言・勧告の対象です。
  • 「業務に関し他の法令に違反し、賃貸住宅管理業者として不適当であると認められるとき」は、指導・助言・勧告の対象です。
  • 「賃貸住宅管理業者登録規程に違反したとき」は、指導・助言・勧告の対象です。
ぶた
「著しく」という言葉あるかないかというひっかけ問題です。何度も過去問をして、問題の傾向を覚えていくしかありません。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和2年(2020年)の過去問

令和2年(2020年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 令和2年(2020年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、34点。 合格ライン(合否判定基準)は、50問中34問以上正解した方(管理 ...

続きを見る








2021年度賃貸不動産経営管理士講座提供開始!!



-賃貸不動産経営管理士, 賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.