賃貸不動産経営管理士

賃貸借契約の保証に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日 平成29年の過去問 問15

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日

賃貸借契約の保証に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日 平成29年の過去問 問15

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日。

今日は、賃貸借契約の保証に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 問15

【問 15】 賃貸借契約の保証に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 保証人は、更新後の賃貸借から生ずる借主の債務については、別途、保証契約を更新しない限り、保証債務を負わない。
  2. 連帯保証人は、貸主から保証債務の履行を求められたときに、まず借主に催告すべき旨を請求することができない。
  3. 貸主が賃貸物件を第三者に譲渡した場合、保証契約は当然に終了し、保証人は新貸主との間で保証債務を負わない。
  4. 賃料債務の保証人の場合は、書面を作成しなくても効力が生じる。
ぶた
賃貸借契約の保証に関して、最も適切なもの(正しいもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.保証人は、更新後の賃貸借から生ずる借主の債務については、別途、保証契約を更新しない限り、保証債務を負わない。

保証人は、原則として、更新後の賃貸借から生ずる借主の債務について、保証契約を更新しなくても保証債務を負うことになります。

その為、選択肢①は誤っています。

2.連帯保証人は、貸主から保証債務の履行を求められたときに、まず借主に催告すべき旨を請求することができない。

保証人には催告の抗弁権がありますが、連帯保証人には催告の抗弁権がありません。

まず、借主に催告すべき旨を請求することはできません。

催告の抗弁権とは

保証人が「まず主たる債務者に対して先に催告するべきである」旨を請求できる権利です。

その為、選択肢②は正しいです。

3.貸主が賃貸物件を第三者に譲渡した場合、保証契約は当然に終了し、保証人は新貸主との間で保証債務を負わない。

貸主が賃貸物件を第三者に譲渡したことにより、新貸主が主たる債務の債権者となった場合、保証契約の関係もその新貸主に移転し、保証人は新貸主との間で保証債務を負うことになります。

その為、選択肢③は誤っています。

4.賃料債務の保証人の場合は、書面を作成しなくても効力が生じる。

本来契約は、申し込みと承諾で成立しますが、保証契約は書面での契約の締結が必要です。

その為、選択肢④は誤っています。

まろ
賃貸管理士の試験で出題される書面での契約の締結が必要な契約はこの保証契約と定期借家契約になります。書面で契約を締結しないと効力を生じません。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 15の解答とまとめ

賃貸借契約の保証に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日 平成29年の過去問 問15

最も適切なもの(正しいもの)の選択肢は、②です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 保証人は、原則として、更新後の賃貸借から生ずる借主の債務について、保証契約を更新しなくても保証債務を負うことになります。
  • 保証人には催告の抗弁権がありますが、連帯保証人には催告の抗弁権がありません。
  • 貸主が賃貸物件を第三者に譲渡したことにより、新貸主が主たる債務の債権者となった場合、保証契約の関係もその新貸主に移転し、保証人は新貸主との間で保証債務を負うことになります。
  • 保証契約は書面での契約の締結が必要です。口頭での保証契約では効力を生じません。

平成30年 賃貸借契約の保証に関する問題はこちら

賃貸借契約の保証に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで90日② 平成30年の過去問 問14

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで90日② 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで90日② 今日の2問目は、賃貸借契約の保証に関する問題です。 「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成30年の過去問 問14 ...

続きを見る

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年(2017年)の過去問

平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、27点。 受験者数 16,624人 合格者数 8,033人 合格率 4 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.