賃貸不動産経営管理士

共同住宅の避難施設等に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで66日② 平成29年の過去問 問28

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで66日②

共同住宅の避難施設等に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで66日② 平成29年の過去問 問28

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで66日②。

今日の2問目は、共同住宅の避難施設等に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 問28

【問 28】 共同住宅の避難施設等に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

  1. 住戸の床面積の合計が100㎡を超える階では、両側に居室のある場合には、1.2m以上の廊下の幅が必要とされる。
  2. その階における居室の床面積の合計が 100 ㎡を超える(耐火構造・準耐火構造の場合は 200 ㎡)場合は、直通階段を2つ以上設けなければならないのが原則である。
  3. 直上階の居室の床面積の合計が 200 ㎡を超える階では、120 ㎝以上の階段の幅が必要とされる。
  4. 屋外階段では、90 ㎝以上の階段の幅が必要とされる。
まろ
共同住宅の避難施設等に関して、不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.住戸の床面積の合計が100㎡を超える階では、両側に居室のある場合には、1.2m以上の廊下の幅が必要とされる。

住戸の床面積の合計が100㎡を超える階では、両側に居室のある場合は、1.6m以上の廊下の幅が必要とされています。

1.2m以上ではありません。

その為、選択肢①は誤っています。

2.その階における居室の床面積の合計が 100 ㎡を超える(耐火構造・準耐火構造の場合は 200 ㎡)場合は、直通階段を2つ以上設けなければならないのが原則である。

その階における居室の床面積の合計が100㎡を超える(耐火構造・準耐火構造の場合は200㎡) 場合は、直通階段を2つ以上設けなければならないのが原則です。

その為、選択肢②は正しいです。

3.直上階の居室の床面積の合計が 200 ㎡を超える階では、120 ㎝以上の階段の幅が必要とされる。

直上階の居室の床面積の合計が200㎡を超える階では、120㎝以上の階段の幅が必要とされています。

その為、選択肢③は正しいです。

4.屋外階段では、90 ㎝以上の階段の幅が必要とされる。

屋外階段では、90㎝以上の階段の幅が必要とされています。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問28の解答とまとめ

共同住宅の避難施設等に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで66日② 平成29年の過去問 問28

不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、①です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 住戸の床面積の合計が100㎡を超える階では、両側に居室のある場合は、1.6m以上の廊下の幅が必要とされています。
  • その階における居室の床面積の合計が100㎡を超える(耐火構造・準耐火構造の場合は200㎡) 場合は、直通階段を2つ以上設けなければならないのが原則です。
  • 直上階の居室の床面積の合計が200㎡を超える階では、120㎝以上の階段の幅が必要とされています。
  • 屋外階段では、90㎝以上の階段の幅が必要とされています。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年(2017年)の過去問

平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、27点。 受験者数 16,624人 合格者数 8,033人 合格率 4 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.