賃貸不動産経営管理士

アウトソーシングに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで47日 平成28年の過去問 問27

更新日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで47日

アウトソーシングに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで47日 平成28年の過去問 問27

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで47日。

今日は、アウトソーシングに関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問 問27

【問 27】アウトソーシングに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 協力業者に業務をアウトソーシングすることにより、人的資源を補い、自らの専門性や付加価値を高めることができる。
  2. 設備等のハード面のクレーム対応に比べ、騒音問題等のソフト面のクレーム対応の方がアウトソーシングしにくい。
  3. 複数の物件について同一の協力業者にアウトソーシングしている場合には、新規物件について契約をする際に、細部まで検討してからする必要はない。
  4. ロボットによる自動清掃等の技術革新を用いたアウトソーシングを活用することにより、管理業務を従来の労働集約型産業から知的集約型産業に転換させることが期待されている。
ぶた
アウトソーシングに関して、最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.協力業者に業務をアウトソーシングすることにより、人的資源を補い、自らの専門性や付加価値を高めることができる。

そのままです。

協力業者に業務をアウトソーシングすることにより、人的資源を補い、自らの専門性や付加価値を高めることができます。

その為、選択肢①は正しいです。

2.設備等のハード面のクレーム対応に比べ、騒音問題等のソフト面のクレーム対応の方がアウトソーシングしにくい。

そのままです。

設備等のハード面のクレーム対応に比べ、騒音問題等のソフト面のクレーム対応の方がアウトソーシングしにくくなっています。

その為、選択肢②は正しいです。

3.複数の物件について同一の協力業者にアウトソーシングしている場合には、新規物件について契約をする際に、細部まで検討してからする必要はない。

複数の物件について同一の協力業者にアウトソーシングしている場合であっても、新規物件について契約をする際には、細部まで検討してからする必要があります。

その為、選択肢③は誤っています。

4.ロボットによる自動清掃等の技術革新を用いたアウトソーシングを活用することにより、管理業務を従来の労働集約型産業から知的集約型産業に転換させることが期待されている。

そのままです。

ロボットによる自動清掃等の技術革新を用いたアウトソーシングを活用することにより、管理業務を従来の労働集約型産業から知的集約型産業に転換させることが期待されてます。

その為、選択肢④は正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年の過去問27の解答とまとめ

アウトソーシングに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで47日 平成28年の過去問 問27

最も不適切なもの(誤っているもの)の選択肢は、③です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 協力業者に業務をアウトソーシングすることにより、人的資源を補い、自らの専門性や付加価値を高めることができます。
  • 設備等のハード面のクレーム対応に比べ、騒音問題等のソフト面のクレーム対応の方がアウトソーシングしにくくなっています。
  • 複数の物件について同一の協力業者にアウトソーシングしている場合であっても、新規物件について契約をする際には、細部まで検討してからする必要があります。
  • ロボットによる自動清掃等の技術革新を用いたアウトソーシングを活用することにより、管理業務を従来の労働集約型産業から知的集約型産業に転換させることが期待されてます。
まろ
ロボットによる自動清掃等の技術が賃貸管理の部分で生かされるかどうかはわかりませんが、選択肢の③が普通に考えて確実に誤っていますのでそんなに難しい問題ではありません。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成28年(2016年)の過去問

平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成28年(2016年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、28点。 受験者数 13,149人 合格者数 7,350人 合格率 5 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.