賃貸不動産経営管理士

建物の構造・工法に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年39の過去問

更新日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで96日③

建物の構造・工法に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで96日③ 令和元年39の過去問

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで96日③。

お盆休みの折り返しです。

16日までのあと3日でお盆休みが終了しますが、コロナの影響でどこにも行くことができないので「賃貸不動産経営管理士」の試験勉強をしています。

ぶた
令和元年の試験問題も39問目となり、あと1問で終了です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年39の過去問

【問 39】 建物の構造・工法に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

  • ア プレハブ工法は、構成部材を工場製作し、現場では部材の組立を主に行うため、工期短縮、品質向上に優れている。
  • イ 木造ツーバイフォー工法は、枠組みに構造用合板を張った壁、床によって構成された壁式構造の工法であり、枠組壁工法ともいう。
  • ウ 壁式鉄筋コンクリート造は、建設可能な建物の階数、高さ等、また、単位面積当たりの必要壁量や厚さが法令で規定されている。
  1. なし
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
とりふ
宅地建物取引士の試験でも出題された建物の構造・工法に関する問題です。宅地建物取引士の試験の時も5問免除がありましたので、このジャンルの問題は勉強してなかったので調べながら解答をします。

ア プレハブ工法は、構成部材を工場製作し、現場では部材の組立を主に行うため、工期短縮、品質向上に優れている。

そのままです。

プレハブ工法は、構成部材を工場製作し、現場では部材の組立を主に行うため、工期短縮、品質向上に優れています。

その為、選択肢アは正しいです。

イ 木造ツーバイフォー工法は、枠組みに構造用合板を張った壁、床によって構成された壁式構造の工法であり、枠組壁工法ともいう。

木造ツーバイフォー工法は、枠組みに構造用合板を張った壁、床によって構成された壁式構造の工法であり、枠組壁工法ともいう。

そのままです。

木造ツーバイフォー工法は、枠組みに構造用合板を張った壁、床によって構成された壁式構造の工法であり、枠組壁工法ともいいます。

その為、選択肢イは正しいです。

ウ 壁式鉄筋コンクリート造は、建設可能な建物の階数、高さ等、また、単位面積当たりの必要壁量や厚さが法令で規定されている。

その通りです。

壁式鉄筋コンクリート造は、建設可能な建物の階数、高さ等、また、単位面積当たりの必要壁量や厚さが法令で規定されています。

その為、選択肢ウは正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年問39の解答とまとめ

建物の構造・工法に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで96日③ 令和元年39の過去問

選択肢のアとイとウと全て正しい為、誤っているものの個数はありません。

誤っているものの個数は、なしの選択肢①が正解となります。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • プレハブ工法は、構成部材を工場製作し、現場では部材の組立を主に行うため、工期短縮、品質向上に優れています。
  • 木造ツーバイフォー工法は、枠組みに構造用合板を張った壁、床によって構成された壁式構造の工法であり、枠組壁工法ともいいます。
  • 壁式鉄筋コンクリート造は、建設可能な建物の階数、高さ等、また、単位面積当たりの必要壁量や厚さが法令で規定されています。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年(2019年)の過去問

令和元年(2019年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 令和元年(2019年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、29点。 合格ライン(合否判定基準)は、40問中29問以上正解した方(管理 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.