賃貸不動産経営管理士

管理業務のアウトソーシングに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで12日 平成27年の過去問 問27

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで12日

管理業務のアウトソーシングに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで12日 平成27年の過去問 問27

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで12日。

今日は、管理業務のアウトソーシングに関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問 問27

【問 27】管理業務のアウトソーシングに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. アウトソーシングしやすい業務と、しにくい業務があるが、入居者のゴミ置き場の使用方法を管理する業務は、アウトソーシングしやすい業務である。
  2. エアコン故障やテレビが映らない等のクレームへの対応は、緊急性が高いため、アウトソーシングしなければならない。
  3. アウトソーシングの効用は、自社の得意分野に専念できることである。
  4. 協力業者を活用することで自社の専門性を高めることができるので、自社内に業務のノウハウが蓄積されないということはない。
ぶた
管理業務のアウトソーシングに関して、最も適切なもの(正しいもの)の選択肢を選ぶ問題です。

1.アウトソーシングしやすい業務と、しにくい業務があるが、入居者のゴミ 置き場の使用方法を管理する業務は、アウトソーシングしやすい業務である。

ハード面のクレーム対応に比べ、ソフト面のクレーム対応のほうがアウトソーシングしにくいとされています。

入居者のゴミ置き場の使用方法を管理する業務は、ソフト面のクレーム対応になりますので、アウトソーシングしにくい業務です。

その為、選択肢①は誤っています。

2.エアコン故障やテレビが映らない等のクレームへの対応は、緊急性が高いため、アウトソーシングしなければならない。

エアコン故障やテレビが映らない等のクレームへの対応は、ハード面のクレーム対応であるため、アウトソーシングしやすい業務といえますが、アウトソーシングしなければならないというものではありません。

その為、選択肢②は誤っています。

3.アウトソーシングの効用は、自社の得意分野に専念できることである。

そのままです。

アウトソーシングの効用は、自社の得意分野に専念できることです。

その為、選択肢③は正しいです。

4.協力業者を活用することで自社の専門性を高めることができるので、自社内に業務のノウハウが蓄積されないということはない。

アウトソーシングにより協力業者を活用することは、自社の専門性を高めることができるというメリットがある一方で、自社内に業務のノウハウが蓄積されないというデメリットがあります。

その為、選択肢④は誤っています。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年の過去問27の解答とまとめ

管理業務のアウトソーシングに関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで12日 平成27年の過去問 問27

最も適切なもの(正しいもの)の選択肢は、③です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • ハード面のクレーム対応に比べ、ソフト面のクレーム対応のほうがアウトソーシングしにくいとされています。入居者のゴミ置き場の使用方法を管理する業務は、ソフト面のクレーム対応になりますので、アウトソーシングしにくい業務です。
  • エアコン故障やテレビが映らない等のクレームへの対応は、ハード面のクレーム対応であるため、アウトソーシングしやすい業務といえますが、アウトソーシングしなければならないというものではありません。
  • アウトソーシングの効用は、自社の得意分野に専念できることです。
  • アウトソーシングにより協力業者を活用することは、自社の専門性を高めることができるというメリットがある一方で、自社内に業務のノウハウが蓄積されないというデメリットがあります。
「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成27年(2015年)の過去問

平成27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平27年(2015年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、25点。 受験者数 4,908人 合格者数 2,679人 合格率 54. ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.