賃貸不動産経営管理士

借主の募集に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日② 平成29年の過去問 問10

投稿日:

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日②

借主の募集に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日② 平成29年の過去問 問10

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日②。

今日の2問目は、借主の募集に関する問題です。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 問10

【問 10】 借主の募集に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

  • ア 貸主が自ら行う場合には、借主が入居するまでの募集業務にも、借主入居後の業務にも宅地建物取引業法は適用されない。
  • イ 管理業者が貸主から借主の募集業務を受託する場合には、宅地建物取引業法が適用される。
  • ウ 借主の募集業務を受託した管理業者が募集広告を作成する場合には、宅地建物取引業法で定める誇大広告等の禁止の規定に違反してはならない。
  1. ア、イ
  2. ア、ウ
  3. イ、ウ
  4. ア、イ、ウ
ぶた
借主の募集に関して正しいものの組合せを選ぶ問題です。

ア 貸主が自ら行う場合には、借主が入居するまでの募集業務にも、借主入居後の業務にも宅地建物取引業法は適用されない。

この選択肢は、宅地建物取引士の試験の問題です。

貸主が自らの物件に借主が入居するまでの募集業務や借主入居後の業務には、宅地建物取引業に該当しません。

貸主が自らの物件の賃貸借契約をする場合、宅地建物取引業に該当しませんので重要事項説明など必要ありません。

その為、選択肢アは正しいです。

イ 管理業者が貸主から借主の募集業務を受託する場合には、宅地建物取引業法が適用される。

管理業者が貸主から借主の募集業務を受託するときは、宅地建物取引業に該当します。

宅地建物取引業の免許を取得してないと行う事ができません。

その為、選択肢イは正しいです。

ウ 借主の募集業務を受託した管理業者が募集広告を作成する場合には、宅地建物取引業法で定める誇大広告等の禁止の規定に違反してはならない。

管理業者が貸主から借主の募集業務を受託されて募集広告を作成する場合、宅地建物取引業法で定める誇大広告等の禁止の規定が適用されます。

その為、選択肢ウは正しいです。

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年の過去問 問10の解答とまとめ

借主の募集に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで72日② 平成29年の過去問 問10

正しい選択肢は、アとイとウになりますので、答えは④です。

今日の問題の内容は下記の様になります。

  • 貸主が自らの物件に借主が入居するまでの募集業務や借主入居後の業務には、宅地建物取引業に該当しません。
  • 管理業者が貸主から借主の募集業務を受託するときは、宅地建物取引業に該当します。
  • 管理業者が貸主から借主の募集業務を受託されて募集広告を作成する場合、宅地建物取引業法で定める誇大広告等の禁止の規定が適用されます。

令和元年 宅地建物取引業者である管理業者が行う借主の募集の問題はこちら

宅地建物取引業者である管理業者が行う借主の募集 「賃貸不動産経営管理士」の試験 令和元年問12の過去問

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで123日 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで123日。 今日は、15時頃ラジオから三浦春馬が自殺をしたというニュースを受けてびっくりしました。 「賃貸不動産経営管理士 ...

続きを見る

平成30年 借主の募集において、宅地建物取引業法により禁止されている行為に関する問題はこちら

借主の募集において、宅地建物取引業法により禁止されている行為に関する問題 「賃貸不動産経営管理士」の試験まで92日③ 平成30年の過去問 問10

「賃貸不動産経営管理士」の試験まで92日③ 今日は、水曜日でお休みですので、「賃貸不動産経営管理士」の試験勉強が良くできます。 本日の3問目は、借主の募集において、宅地建物取引業法により禁止されている ...

続きを見る

「賃貸不動産経営管理士」の試験 平成29年(2017年)の過去問

平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点 平成29年(2017年)「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格点は、27点。 受験者数 16,624人 合格者数 8,033人 合格率 4 ...

続きを見る








2020年度賃貸不動産経営管理士講座はこちらから



-賃貸不動産経営管理士

Copyright© マロとトリフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.